FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年06月11日

天皇制は「気持悪い」「悪の根源」という者が皇室関連法にかかわる気持ち悪さ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「空気を吸うのがつらい」「近くで空気を吸いたくない」ということばがウエブ上で流行しているようだ。私にとっては、昨日書いた済州ユナイテッドのようなチームが「同じ空気を吸いたくない」対象なのだが、同じ言葉を皇室に対して言った人物がいる。森友学園問題で民進党を代表して安倍政権批判の急先鋒だった辻元清美だ。露出が多くなると次々とボロが出るのは民進党議員が必ず踏むプロセスである。「二重国籍」の蓮舫、「日本死ね」の山尾、「加計学園問題」の玉木と、同じようなオチが必ずついてくる。辻元も例外ではない。

辻元清美


 倒閣野党が「アベ政治を許さない」なら、「民進党を許さない」は日本維新の会、足立康史議員に相応しい標語だ。8日の衆院憲法審査会で、足立議員は、辻元が過去の著書にある皇室に対する発言を取り沙汰し、辻元が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

「辻元清美さんは皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた」日本維新の会・足立康史氏が攻撃 (産経)

 話題に上ったのは、辻元氏が民間国際交流団体「ピースボート」を設立し政界進出する前の昭和62年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)。

 辻元氏は著書で皇室について「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ」と記していた。

 さらに日本のスポーツ界と関連させて「人生訓とか道徳を押しつけたがる。天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」とし、天皇制を「悪の根源」とまで断じていた。

 足立氏は、天皇制廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

 これに対し辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた。その上で「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回した。(以上、抜粋)


 辻元は、「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた上で、「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回したという。

 さて、辻元が著書で皇室に触れた問題の部分を、ネットで拾える限り再現してみたい。

辻元 天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ。いくつか要素があるんだけど。
浅田 そりゃ最終的には、天皇制ですよ。明らかに。
辻元 生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくないと思わない。
浅田 あれは、白アリの女王みたいな、単に生殖だけの機能で.囲いこまれているわけでしよ。気持ち悪いよね。
辻元 こないだ在位六〇年の提灯行列があったの。あれも、ものすごく気持ち悪くて。この前、ロス五輪に行った水泳の選手がマリファナ吸って、日本記録が抹殺された。それだけなら、水泳協会の話だから、そのくらいのモラルだろうと思うじゃない。ところが、そのあと国体でその選手が日本記録をだした時に、天皇が見に来てたんだって、水泳の幹部が天皇の所へ謝りにいったんだって。
浅田 日本のスポーツって最近弱くなったでしょ。あたり前だと思うよ、あんなこと言ってるんだから。
辻元 人生訓とか、道徳を押しつけたがるし、でも、そういうのって、天皇とあの一族の気持悪さに直結してるよね。天皇制ってなくなるかな。
浅田 なくならないと思う。終戦の時に、きちっと責任追及があってしかるべぎだった。それが、今はもう大タブーになっている。
辻元 これはもう、悪の根源。


 日本人には思想、信条には自由が与えられている。従って、何を思っても何を言っても、辻元が違法行為をしたわけではない。ただ、皇室に対するこのような確固たる思想を持つ者が、国会議員をやるというのは別の次元の話だ。ひと言でいえば、恐ろしい。

 辻元は、「反省している」とこの発言を撤回したそうである。吉田証言に関する記事を同じく撤回したら、あとは知らんぷりをしている朝日新聞と同様に、この問題を「過去のこと」と葬り去る算段だろう。撤回と言うだけでバッジを付け続けられるなら、撤回など安いものだ。個人的には、こういう思想は時を経たら変わるという代物とは思われない。

 こんな人物が、あたかも庶民の味方、正義の味方であるかのような顔をして、政治をしている。旧社会党の残党を吸収した現民進党には、似たような議員は数多く存在するはずだ。こういう者たちが、皇室にかかわらる法整備に参加すること自体、おぞましい。小西が出る千葉選挙区同様、大阪の有権者もよく「人物像」や「過去の発言」などを考慮し、投票行動をしていただきたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/06/11 07:20 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ