私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年06月

香山リカの講演中止 ~ 抗議すべきものとすべきでないもの

← 応援クリック、ありがとうございます。

 香山リカが東京都江東区の社会福祉協議会で予定していた講演が、中止となったという。

香山リカ氏の講演中止 東京・江東区社協、妨害予告受け(朝日新聞)

 東京都江東区で27日に予定されていた、精神科医で立教大教授の香山リカ氏の講演会が中止になった。共催する区社会福祉協議会が21日、ホームページで発表した。運営を妨害する趣旨の予告を受けたため、参加者の安全確保を理由に開催を断念したという。

 香山氏は「なぜ今こども食堂が必要なのか」という演題で、母子の孤立対策や支え合う地域づくりについて話す予定だった。社協によると、5日に受け付けを始めたところ、「(香山氏を)講師に呼んでいいのか」といった抗議の電話やメールが20日までに約20件あったという。「(講演会を)つぶす」と脅すような内容もあり、担当者は「小さな子どもも来場するため参加者の安全を最優先した。ネットのきつい表現の書き込みも意識した」と話した。警視庁にメールを提供して相談したという。

香山リカ


 香山氏はこれまで、在日コリアンらへ排外的な主張をしているなどとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠・前会長を街頭で批判してきた。桜井氏が今月、香山氏の講演会についてツイート。ネット上では、社協の電話番号を掲載して「問い合わせると、いろいろご意見できそうですね」などの書き込みもあった。桜井氏はツイッターで、自身の講演会を香山氏が問題視していたことなどを挙げて「因果応報」とも書き込んでいる。朝日新聞の取材に、関係者を通じて「ツイッターにある通り」と回答した。

 香山氏は「卑劣なやり方とは思うが、彼らにも抗議の自由はある。ちょっとしたクレームで中止を決めた社協の対応は残念というより危険だ。これまでの経験から実際に妨害されることはないと判断していた」と話した。(岩崎生之助)


 私は、百田氏の講演を妨害した者たちを批判したので、いくら香山といえども、言論を弾圧することがあってはならないと思う。とどのつまり、最も問題なのは人選なのではないか。香山の活動家としての側面は、ネットを通じて広く知れ渡っている。敵対者へ中指を突き立てる、あの目が完全に逝ってしまった形相は、同業の精神科医もその精神を危ぶむようなものではないだろうか。政治的な発言によって、敵を作るというのはよくあることだが、香山の普段の言動を確認していれば、この人物を招聘することで生じるリスクは見積るべきだろう。江東区の社会福祉協議会が甘いということだ。

 一方で、言論の自由はあっても、抗議すべきシチュエーションはある。国連人権理事会で「被抑圧者」をアピールしながら、自分たちの暴力動画を指摘され、逆に大恥をかいて帰国した暴力活動家の山城博治だが、帰国後、その報告記者会見とやらを“沖縄県庁”で行うという。恐らく、沖縄タイムスか琉球新報あたりが場所をお膳立てし、県庁が許可したのだろうが、これは公的施設の使途としてまったく不適切だ。まして、山城は保釈中の身であり、ジュネーブへの渡航そのものに疑問がる。沖縄県が犯罪者を支援していると捉えかねられないような場の提供は、厳に慎むべきであり、講義は政党である。

 講演の中止といえば、一橋大学で予定していた百田尚樹氏の講演が、サヨクの妨害によって中止に追い込まれたのは、つい10日ほど前のことだ。こういう応酬は、言論空間に対して決して良い影響を生まない。両派とも自制すべきだろう。一方で、講演を企画する側も、呼ぶ価値がある講演者の価値判断ぐらい、まともにやってもらいたい。あの中指を立てた香山の形相を見ると、こんな人物の話を有難がって聴く人が哀れに思える。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/06/23 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: