私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年05月05日

安倍政権が炙り出したバカな連中、朝日は宗教新聞の道をひた走る

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「安倍政権はバカ発見器」というのは、、産経新聞社政治部編集委員である阿比留瑠偉氏の名言である。一昨日の3日、安倍総理が憲法改正に対する考え方を表明して以来、その「発見器」に引っかかった多数が、そのバカっぷりを惜しげもなく披露している。

 まずは民進党の蓮舫だ。蓮舫は民進党代表として談話を発表した。「衆参両院で3分の2を制しており、憲法改悪を数の力で達成することも厭わない姿勢さえのぞかせています」と言っているが、3分の2以上の賛成で憲法改正を発議できると、その憲法に書いているのだから、これは単なる言いがかりだ。「数の力のみで日本の国のかたちを変えていこうとする安倍自民党政権の暴挙に、民進党は正面から対峙してゆきます」とは、数がない側の単なるひがみだ。数の力は、安倍政権と与党が勝ち得たもので、言い換えれば民進党自身が献上したものではないのか。もう少しマシな反論が聞きたい。所詮、無理だろうが。

蓮舫


 その他の野党もロクな反論ができていない。自由党の小沢は、「国家権力の暴走を食い止めることこそ憲法の本質なのであり、これを全く理解せず、情緒的な反立憲主義の立場をとる安倍政権下での憲法改正は、全く認められない」と言っているが、その安倍政権に信任を与えたのは国民だ。国民主権を叫ぶのなら、その民意を蔑ろにする小沢こそ、国民の敵である。その他、社民党や共産党はいつも通りの首相の繰り返しだ。あえて引用するまでもない。

 さて、お馴染みの朝日新聞である。朝日は4日の社説「憲法70年 9条の理想を使いこなす」で、こう書いている。

 戦後70年余、平和国家として歩んできた日本が、大きな岐路に立たされている。
 台頭する隣国・中国と、内向きになる同盟国・米国。北朝鮮の核・ミサイルによる軍事的挑発はやまない。
 日本は自らをどう守り、アジア太平洋地域の平和と安定のために役割を果たしていくか。
 答えに迷うことはない。
 憲法9条を堅持し、先の大戦の反省を踏まえた戦後の平和国家の歩みを不変の土台として、国際協調の担い手として生きていくべきだ。


 全く意味不明だ。こんな駄文、よくも書けたものである。「台頭する隣国・中国と、内向きになる同盟国・米国。北朝鮮の核・ミサイルによる軍事的挑発」は、東アジアの安全保障環境が激変していることを物語っている。その激変に、日本が出す答えが「9条」だというのだ。安全保障環境のバランスの崩れに対し、迷うことなく9条を差し出せというのだ。安っぽい新興宗教でも、もっとマシな教義で信者を騙すだろう。

 中国や韓国との関係を考えるときにも、他国を攻撃することはないという日本の意思が基礎になる。侵略と植民地支配の過去をもつ日本は、その歴史から逃れられない。


 朝日の定義は、他国を一度でも領有した場合は、その国を再び攻撃してはならない、そのために、戦争放棄を謳えというものだろ。この定義を採用した場合、過去に侵略、植民地、奴隷といったあらん限りの搾取を続けてきた欧米列強など、すべて戦争放棄を謳い、軍隊を持ってはならないことになる。大いなる矛盾だ。何故日本だけにその定義を当てはめようとするのか。米国はインディアンの土地やハワイを占領した。中共も東トルキスタンやチベットを侵略した。いったい彼らは反省したのか。

 安全保障の文脈にとどまらない。戦前の軍国主義の体制ときっぱり決別し、個人の自由と人権が尊重される社会を支えてきたのも、9条だった。
 これを改めれば、歴史的にも社会的にも、戦後日本はその「骨格」を失う。戦前の歴史への反省を否定する負のメッセージと国際社会から受け取られかねない。その損失はあまりにも大きい。


 すべて9条のお陰だというわけだろう。戦後日本の「骨格」が9条だというのだ。しかし、この9条があったからこそ、日本は自力で国を守ることさえ考えず、逆に中共や南朝鮮のご機嫌をうかがうような外交したして来られなかったのだ。

 9条は日本の資産である。
 そこに込められた理想を、現実のなかで十分に使いこなす道こそ、日本の平和と社会の安定を確かなものにする。


 9条は資産ではなく、不良債権のようなものである。そこに書かれた理想は、現実の国際社会で我が国を守ってくれるわけではない。理想を掲げた9条と心中せよというなら、それは宗教における殉教となんら変わらぬものだろう。朝日の社員や信者はそうすればいい。だが、私は御免こうむる。

 朝日新聞は、やはり宗教新聞と定義すべきである。そして、その冠に「カルト」という文言を付けるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/05/05 07:21 ] 史観 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: