私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年05月

民進党の支持率が低迷するふたつの明確な理由

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ネットは、ジャーナリストの山口敬之氏を準強姦容疑で告発しつつも、東京地検が不起訴処分としたことを不服として検察審査会に審査を申し立てた「詩織」さんの件で持ち切りなようである。私はこの事案にあまり興味が持てず、その問題でエントリーを一本書くモチベーションは持てないのだが、ついた弁護士といい、事案と全く関係ない「共謀罪」に言及したり、不起訴処分に「私の知り得ない上のパワーがあった」と言及するなど、なんだか狙いが他にあるのでは?と勘ぐる人がいてもおかしくないと思われる。まして、この女性が国連での活動中に、あの“極左”武者小路公秀とも交流していたという話もあり、何やら香ばしい匂いが漂ってくる気もしないではない。まぁ、女性の尊厳の問題もあり、不確かな情報でこれ以上書く気もしないのだ。

詩織さん


 さて、森友や加計といった、創られたスキャンダルでいくら騒ぎ立てても、安倍政権の支持率が一向に下がらないことに頭を抱えた朝日新聞については、昨日書いた通りだ。同じ穴の狢というか、民進党も同じ問題で頭を抱えているようだ。29日の民進党参院議員総会では、参院幹事長の小川勝也が「(政権支持率は)依然として高い」と指摘し、「安倍首相への不信も高まっているのに、なぜ大きく内閣支持率が低下しないのか、われわれも不思議でなりません…」と首をひねったという。

 日経の5月度の調査では、安倍政権の支持率は4ポイント落ちたものの、56%と、民進党が憂う通り、依然として高い。当の民進党支持率は、前月のなけなしの9%から1ポイント落とし、8%となっている。これだけ支持率の低迷が続いているにもかかわらず、安倍政権の高支持率の理由も、自党の低迷ぶりの理由もわからないとは、選挙互助会と言われた民進党の名が廃る。

 昨日の民進党「次の内閣」閣議で、蓮舫は、加計学園の獣医学部新設計画が旧民主党政権下で進展したと安倍総理が指摘にしたことについて、「よくここまで見事な印象操作を作り上げると驚いた」と反論したそうだ。蓮舫は印象操作と主張しているが、自民党政権下で「対応不可」とされていた獣医学部新設が、民主党政権下で「すみやかに検討」と前向きに格上げされているのは明確な事実である。むしろ、「印象操作」は、確証がないまま安倍総理の関与を叫んでいる民進党の側にあり、更にそれを疑獄事案のように扱い、北朝鮮や組織犯罪処罰などの優先課題の議論を妨害している「印象」を、有権者に与えていることを自覚できていない。

 民進党の支持が低空飛行を続ける理由に、少なくともふたつがあると思っている。ひとつは、何度も書いてきた通り、政権批判に明け暮れ、政府・与党の推進する政策について、国民に選択肢を示せていないことだ。つまり、民進党という存在は、ヤジは飛ばすが試合には参加できていないスポーツチームのようなものなので、そんな政党に国を委ねようとは誰も思わない。

 もうひとつは、彼等の発することばのなかに、国民の心に響くものがないことではないか。口から出て来るのは政権批判ばかりで、こともあろうに、今は、彼らの目標は「政権打倒」だと公言している。彼等のポスターに出て来るスローガンが良い見本だ。岡田の時代には、「一強打破」、「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい」などというものがあった。また、「まず、2/3(3分の2)をとらせないこと」という、情けないものもあった。いずれも、政策でも何でもなく、ただの政局であり、単なる抵抗勢力の弱音である。

 民進党は、自分の無能さを、声の大きさで隠そうとしているだけなのだ。蓮舫が代表になって、明らかに、その傾向がより顕著になった。批判だけなら旧社会党と同じだ。民進党は、55年体制の縮図と言っていいかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/05/31 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(21)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: