私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年04月11日

シリア、北鮮情勢と、「国連を中心とした平和主義」という妄想

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先の米中首脳会談に先立ち、トランプの孫娘アラベラ・ローズちゃんが中国の民謡を歌って、習近平をもてなしたそうだ。その曲は、民謡「茉莉花(ジャスミン)」。シリア内戦のきかっけとなった「ジャスミン革命」のあのジャスミンだ。中共はジャスミン革命が進行しているとき、国内に波及することを恐れてこの歌を一時的に禁止したという。さすがに、ショービジネスにも身を置いた経験があるトランプだ。このファースト・パンチのあと、シリア空爆というもう一つの強烈なパンチを喰らい、キンペーは何もできないまま、支那に帰っていった。

 極めて内向きで、クリミアや南シナ海、北朝鮮問題などになんらコミットしようとしなかったオバマ時代と比べると、強面の米国が帰ってきた感がある。ティラーソン国務長官は、米国のTV番組で、シリアへの打撃は北朝鮮への警告と断言し、シリアや北朝鮮を含め、「国際的な義務への違反を続け、地域の安全を脅かす全ての国家は報復措置に直面するとのメッセージだ」と、直接的な行動も示唆した。世界一の軍事力を誇る米国が「本気で牙をむくぞ」と警告しているのだ。名指しされた者たちにとっては、米国の本気度によっては、国家存続までも危うい状況だ。

ティラーソン


 日本にとっても危機が迫っているというのに、日本国内の報道は相変わらずのボケ三昧だ。テレビは春の番組改編にあわせた特番が目白押しで、もしミサイルが放たれたらという仮説を真面目に議論する番組にはお目にかからない。新聞も新聞で、左派系メディアには理想とも願望とも取れる内容を、恥ずかしげもなく掲載している。典型的なのは朝日新聞だ。

米シリア攻撃 無責任な単独行動だ (朝日新聞 4月8日社説)

 アサド政権は、4年前に猛毒サリンを使った疑惑が発覚し、その後、ロシアの説得で化学兵器の廃棄を表明した。だが、国連はその後も政権軍による使用を確認している。
 今回も否定するなら、アサド政権は国際調査に全面協力しなくてはならない。ロシアも反対する理由はないはずだ。
 内戦が始まって6年。国連が主導する和平協議の再開は10カ月ぶりだが、今回の米国の行動で早くも先行きが懸念される。(中略)

 安倍首相は、東アジアでも大量破壊兵器の脅威が増していることを指摘し、秩序の維持と同盟国や世界の安全に対する「大統領の強いコミットメントを高く評価する」と述べた。
 だが、トランプ氏と緊密な関係にあると自負する首相がすべきは、平板な支持表明ではあるまい。米国が国際社会と協調して問題解決にあたる大切さを、新大統領に説くことである。(以上、抜粋)


 要するに、国連を中心とした対話による平和的解決を模索しろと言いたいのだろう。

 国連とは、先の大戦における「戦勝国クラブ」である。戦勝国に中国共産党が入っている理不尽さも含め、戦勝国がその他の国を追従させるための機関である。彼ら戦勝国は常任理事国として君臨し、気に食わないことがあれば「拒否権」を行使し、事の進行を止める権利を有する。つまり、国際社会がこの常任理事国の意図しない方向には進まないシステムが確立されているのだ。

 ロシアは今回の米国の行動を非難している。しかし、彼等とて米国を非難する資格はないのだ。201年、ロシアは国際社会の同意を得ずして、クリミアに侵攻した。クリミアの歴史的な立ち位置、地政学は別として、独立した政府がある他国に軍事介入することは、一般的に言えば侵略行為だ。そのロシアに、今回の米国の行動を批判する資格がないのは明白だ。

 中共も然りだ。チベットや東トルキスタンで侵略を行ってきた歴史を持ち、現在も南シナ海の岩礁を勝手に埋め立て、軍事要塞化を図る中共は、いま地球上でもっとも侵略的な国家である。

 米国、ロシア、中共は、いずれも国連の常任理事国だ。中共など、国際裁判所の判決を「紙きれ」と切り捨てたが、これは「国際法などクソくらえ」と言っているのに等しい。常任理事国が国際法を遵守しないと宣言している以上、国連など機能するはずがないのだ。仮に中共と日本との間に何らかの紛争が起こったとしよう。その時、国連は、フェアな判断ができるのか。かりにフェアな判断が下されたとしても、国際司法裁判所の判決さえ「紙屑」と切り捨てた中共が、その判断に従うのか。答えるまでもないだろう。

 国連を中心とした平和維持など、憲法9条を持つ日本が平和だという妄想と同レベルの、非現実主義である。そういう説を真面目に説いている連中は、平和を維持するのではなく、逆に平和を脅かす要因を導いているだけである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/04/11 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: