私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年04月04日

邦人救出の協議すら拒否した南鮮 ~ 安保法制に魂を入れよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政府は、今年1月9日に帰国させた長嶺安政駐韓大使を、本日4日に帰任させる決定を下した。森本釜山総領事もセットで帰任する。保守派の一部からは、「慰安婦像の問題が何も解決していないのに…」との不満が表明されており、産経新聞に掲載された岸田外相のぶら下がりを読んでも、なんとなくピンとこない。

 日韓合意を国の代表として結んだ朴槿恵が弾劾されたことで、日韓合意は風前の灯だ。次期大統領の選出まで、この問題に進展はないだろうし、次期大統領の就任によって、前進はおろか後退する可能性の方が圧倒的に高い。従って、このタイミングで駐韓大使を戻すことで得られるメリットはほとんどないと見るべきだろう。メリットのない中で大使を帰任させるということは、慰安婦像以外の問題が優先されるということではないだろうか。それが金正恩の斬首作戦と、その後の混乱に対応することだとしたら、一応の説明はつく。

長嶺駐韓大使


 金正恩の斬首作戦は、最近になって、より現実味を帯びて語られるようになった。ひとたびことが起これば、南北朝鮮は戦争状態になり、好むと好まざるとにかかわらず、火の粉は日本にも降ってくる。火の粉程度ならまだよい。やけっぱちのミサイルが実際に飛んでくることも想定せねばならず、化学兵器が使われる可能性も否めない。森友問題などを丁々発止議論している場合ではないのだ。

 朝鮮半島有事の際に直面しなければならないのが、ひとつは邦人保護、もうひとつは拉致被害者の奪還だ。拉致被害者の奪還については、特殊作戦等々が必要になるだろうから、表立っての議論にそぐわない部分もある。公に議論できるのは、邦人救出だ。サダム・フセインに恫喝され、トルコ航空の救出フライトに救われたテヘラン事案など、繰り返してはならないのだ。当然ながら、日本政府はその方策を協議すべく、青瓦台との交渉を模索したが、青瓦台がその議論すら拒否したそうである。

「日(日本?)、韓半島有事の際、日本人避難方策協議要求...韓国は拒否" (ネタ元

(東京=聯合ニュース)ジョジュンヒョン特派員=日本が韓半島有事の際、韓国内の日本人を避難させる案を協議しようと提案してきたが、韓国は拒否していると朝日新聞が1日報じた。

報道によると、日本政府は、韓半島有事の際、日本人避難方策に関する協議をしようと韓国側に実務レベルでの要求をしてきたが、韓国政府は応じなかった。韓国政府関係者は、協議を拒否している背景に梗塞(ママ)された韓日関係、事案の敏感などを取り上げた朝日は伝えた。

集団自衛権を行使できるよ にされることにより、日本政府は、韓半島有事脱出する日本人を乗せたアメリカ船を自衛隊が保護する状況を想定している。しかし、日韓協議がされない場合で、韓国内の日本人をアメリカ船にどのように移動させるかについては、漠然とした状態だ。(Google翻訳)


 日韓関係を閉塞させたのは、ひとえに合意事項の遵守と遂行を怠った南鮮の責任だが、その責任を日本に転嫁しているということである。つまり、この時点から南鮮の「誠意を見せろ」というお家芸が始まるのだ。事柄の本質は人道的なものだが、そのようなことまで「過去の歴史(=過去の物語)」に固執することが、彼らのDNAに埋め込まれているのである。

 青山繁晴氏は、3月27日の虎ノ門ニュースで、安保法制の欠点をズバリ指摘した。それは、安保法制で邦人救出ができるようになったが、それには「相手国の同意が必要」という条件が付いているということだ。いみじくも今回、南鮮がそのことを証明した。彼の国は、どんな事態であろうとも、我が国の自衛隊が朝鮮半島に近づくことすら拒否すると宣言したのである。

 つまり、こと朝鮮半島有事に関しては、安保法制は骨抜きなのだ。南鮮は未来永劫、自衛隊の上陸はおろか、接近すら認めないだろう。これに対する対策はひとつしかない。相手国の同意がなくても、邦人救出や人道的活動に関しては、我が軍がオペレーションを実行できることを法制化するのだ。自国民を救出することができなくて、どこが国家と言えようか。安保法制には魂を入れる必要がある。いみじくも反日国家が、その必要性を示しているのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/04/04 07:10 ] 外交 | TB(1) | CM(16)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: