FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年03月25日

森友問題を考える ~ 政治家の「関与」とはなにか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 森友問題にかかわる籠池理事長の証人喚問で、倒閣野党の連中が昭恵夫人を証人喚問せよと息巻いている。彼等の主張は、籠池氏の証言によって昭恵夫人の関与が明らかになり、首相夫人という立場によって行政側に忖度が働いたという建て付けのようである。ところが、この関与ということばが誤解を呼ぶキーワードになっている。

 関与とはなにか。ただ、森友学園サイドの問題や課題に対し、事務所を経由して役所に問い合わせたことが関与になるなら、陳情を受けるすべての政治家が、何かしらの利益誘導に「関与」しているということになる。これはさすがに解釈の範囲が広すぎるだろう。関与とは、籠池氏の問い合わせに対し、首相なりファーストレディなりがその立場を利用し、何らかの有利な結果を導くよう、働きかける(要請する、または圧力をかける)ことであり、役所に問い合わせること自体は関与とは言えないはずだ。ましてや、昭恵夫人の事務所が森友側に送ったのは、「希望には沿えないようだ」という結果報告であるから、これを関与というのは如何なものかと思う。

籠池

 この一連の出来事に、「忖度が働いた」とストーリーをつける福山(陳さん)のような脚本家がいるから、話がややこしくなる。安倍総理は、森友側に近隣地の10分の1の価格で国有地を払い下げられていたとされる問題への関与を問われ、「私や妻は一切関わっていない。もし関わっていたら間違いなく、首相も国会議員も辞任するということを、はっきり申し上げる」と言明している。この場合の「関与」とは、国有地が10分の1の価格になったことへ影響力を及ぼしたか否かがポイントであり、くだんのFAXから土地価格への影響力行使という事実を導き出すのは不可能である。従って、あのFAX1枚を引き合いに、やれ責任だ、やれ辞任だとまくし立てるのは、チンピラの因縁吹っ掛けのようなもで、一顧だに値しない。

 詐欺師の言うことがすべて嘘だというには無理がある。ただ、詐欺師の「これは本当の話だ。事実は小説よりも奇なりだ」という主張を受け入れることにも、また無理がある。その詐欺師に乗っかり、その片棒を担ぎ、打倒安倍政権に執念を燃やす野党もマスメディアも、やはり詐欺師の一味なのだ。

 関与ということばに込められた印象操作に惑わされてはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/03/25 07:39 ] 政治 | TB(0) | CM(19)
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ