私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年03月17日

籠池氏、「首相から100万円の寄付金」も物証なし ~ 嘘であれば名誉棄損にもあたる妄言

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、大阪から配信された電波が、想像を超えた映像をテレビに映し出した。渦中の籠池泰典氏が、共産党小池、社民福島ら、今まで森友学園の教育内容を真っ向から否定してきた野党の連中と並んで、カメラの前に立つ光景である。敵の敵は味方ということなのだろう。国政を紛糾させ続ける森友学園問題が、政権対森友の様相を帯びてきた。

籠池氏と野党


 籠池氏は、参院予算委員会を建設中だった小学校の敷地に迎え入れ、マイクが声を拾うことを意識して、こう叫んだ。

この学園を作り上げようとしたのは、みなさんのご意思があります。そのご意思の中には、誠に恐縮ですが、安倍内閣総理の寄付金が入っておりますことを伝達します。


 この発言に、報道各社がこぞって飛びついた。かねてより、野党が叩いても叩いても出てこなかった、森友・籠池サイドと安倍総理の密接な関係が、安倍総理本人からの寄付金という形で出てきたのである。昨日、自称ジャーナリストの活動家、菅野完が投下した籠池氏と現職閣僚との金銭授受報道と相まって、ガードが堅い安倍総理が露呈した綻びだと食いついたのだ。

 安倍総理は、菅官房長官を通じて、寄付金の事実がないことを明らかにしている。森友・籠池サイドに疑惑が土地取引の疑惑が浮上し、安倍晋三小学校や昭恵夫人の処遇問題が出てから、しばらく時が経つ。この間、安倍総理側は、自身の籠池氏との関係について、既に調査をし、終了しているはずだ。「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」とまで発言している以上、入念な確認をしたはずだ。間髪置かずに寄付金を否定したのは、その調査結果に基づくものだろうと思われる。

 そして、この籠池氏の寄付金発言は、籠池氏の自宅前での囲み取材で横にいた福島瑞穂によって確証がないことが明かされる。福島は「寄付金の名簿があります。その中に安倍晋三と名前があるわけではない」と言明した。福島や共産小池など、安倍政権を打倒するだけしか頭にない連中にとって、喉から手が出るほど欲しかった、そしてあるはずだった物証が、実はなかったのだ。いったい、何しに大阪まで出張っていったのか。

 一方、籠池氏と単独インタビューを取り、この知性の感じられない字しか書けないながら、昨日報道各社からフリー・ジャーナリストとして紹介された菅野完氏。籠池氏が財務省側から「10日間身を隠せ」と指示されたと吹聴したが、それも国政の場で完全否定された。菅野が名指しで批判した松井知事も、「優遇指示や、籠池理事長とご飯食べた事実あれば辞める」と述べ、記者団に対して「君らあの人(菅野完)をジャーナリストと認めてるんか?」と、相手にもしないことを宣言。限りなくガセに近いネタで社会を攪乱する作戦は、早くも限界を迎えつつあるようだ。

 仮に、寄付金名簿に安倍総理夫妻の名前があったとしても、その行為自体はなんら違法性はない。蓮舫は記者会見で、「首相は潔白を説明する責任がある」と批判したが、寄付金名簿にもない寄付をしていないと証明するのは、いわゆる「悪魔の証明」だ。国会は籠池氏を、参考人でなく証人喚問する。虚偽の発言は違法行為であり、100万円の寄付が虚言であれば、名誉棄損にもあたる言動だ。自民党側も自信があるのだろう。私はこの問題はいまだに国政の場で議論するに値しないと思っているが、どうせやるなら一度でケリをつけてもらいたい。23日の籠池証人喚問は、その機会とすべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/17 07:11 ] 社会問題 | TB(0) | CM(27)
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: