私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年02月22日

竹島の日 ~ 学習指導要領に難癖をつける朝日新聞の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本日2月22日は「竹島の日」である。この記念日は、1905年(明治38年)1月28日に島根県への編入を閣議決定が為され、同年2月22日に島根県知事が所属所管を明らかにする告示を行ったことに由来する。竹島の日を定めた島根県の条例は下記のような内容だ。

竹島の日を定める条例(平成17年3月25日島根県条例第36号)

(趣旨)

  • 第1条 県民、市町村及び県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図るため、竹島の日を定める。

(竹島の日)
  • 第2条 竹島の日は、2月22日とする。

(県の責務)
  • 第3条 県は、竹島の日の趣旨にふさわしい取組を推進するため、必要な施策を講ずるよう努めるものとする。
  • 附則 この条例は、公布の日から施行する。


 県の条例であるから同然のことではあるが、この「竹島の日」には日本国の影が全くない。島根県が独自に制定した記念日であり、政府の関与は全くない、もしくは、政府は客観的な立場であるという体裁が、この日の実情なのだ。県がこの日に式典を主催し、国会議員がゲストで参加するという形態が常であり、国は主体的立場をとらない。領土にかける国家の意思・意欲の強さは、「独島」をプロパガンダ化している南鮮とは比較するまでもない。

日本固有の領土、竹島


 朝日新聞が16日、社説でこの「領土」を取り上げた。「領土教育 複眼的な思考こそ」と銘打ったこの社説は、小中学校の学習指導要領の改訂案で、「北方領土、竹島、尖閣諸島は我が国の固有の領土」「尖閣諸島に解決すべき領有権の問題は存在していない」という記述が盛り込まれたことに起因する。

 領土は各国のナショナリズムや利害がぶつかり合い、外交上の摩擦の要因になる。子どもたちが日本の主張を知っておくことは大切だ。

 だが政府見解は数学の公式とは違う。日本の立場の表明であり、それを学ぶのみでは現実は理解できない。教室で「尖閣に領土問題は存在しない」と教えても、中国船による領海侵入のニュースは流れる。

 領土とは何か。隣国はどう考えているか。いかなる歴史的経緯があるか。こうした事実を知って初めて、問題を深く、複眼的に見ることができる。


 まず、学習指導要領は、北方領土、竹島、尖閣諸島が日本固有の領土であることを教える方針は示しているが、「他の国の主張を教育現場から排除せよ」とは書いていない。朝日の書きっぷりは、要領が「領土問題は存在しない。以上!」と、他国の意見を徹底的に排除した上で教えるように指導しているかのように印象づけるが、それは事実とは違うだろう。

 例えば、中学校学習要領を見てみよう。文科省が公表した要領案にはこういう記述されている。

「領土(領海,領空を含む。),国家主権」については関連させて取り扱い,我が国が,固有の領土である竹島や北方領土に関し残されている問題の平和的な手段による解決に向けて努力していることや,尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題は存在していないことなどを取り上げること。


 これに対し、朝日は「決められた通りに教えることが従来以上に求められるのではないか。自国第一主義の風潮がはびこるなか、独自の工夫を偏向と批判する空気が広がれば、教員は腫れ物に触るような授業しかできなくなるだろう」と異議を唱えている。

 これは難癖というものだろう。朝日の主張は、指導要領が法的拘束力を持つがために、教員が委縮するというものだと推察する。しかし、領土を正しく理解することが自国第一主義に繋がるというのは妄想以外のなにものでもない。2008年、北海道教職員組合が「竹島問題は韓国の主張が正しく、島根県などが竹島の領有権を求める行為は、日本の侵略・植民地支配を正当化する不当極まりないものである」という論説を機関誌に掲載したが、これは「独自の工夫」でもなんでもない「暴論」だ。こんな連中が委縮するはずなど無い。朝日は「主権の主張=偏狭なナショナリズム」という薄っぺらい解釈でしか領土教育を考えられないのか。それとも、朝日は北方領土、竹島、尖閣の領有権について、何か独自の解釈でもあるのか。

 日本に北方領土、竹島、尖閣諸島の領土・領有権の解釈はひとつしかない。ひとつしかないから、それを指導すればよいだけの話だ。むしろ、政府がこのような指導要領を推進するなら、竹島の日記念式典等においてもその姿勢を態度で示すことを求めるべきだ。竹島の日制定や記念式典において政府が主体となってこなかったのは、単に南鮮への配慮が理由だろう。政府も外務省も、彼の国相手に配慮が何も生まないということを、いつになったら理解するのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/02/22 07:08 ] 教育 | TB(0) | CM(21)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: