私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年02月05日

同盟にコミットするマティス米国防長官と、お門違いの陳情で訪米する翁長

← 応援クリック、ありがとうございます。

 マッドドッグ(狂犬)こと、マティス米国防長官が来日した。稲田防衛相との会談を終え、共同記者会見に臨んだマティスは、「日米同盟は恒久的なもので、アジア太平洋地域の平和と安全の礎として続く」と明言した。域内での安全保障上の課題として、北朝鮮と支那を名指しししたことも、トランプ政権のアジア政策の具体性を示すものだ。

 トランプが選挙戦で度々言及してきた在日米軍の駐留経費増については、マティスは「コスト負担ということでは、日本は本当にモデルだ」と、日米両国で経費の負担分担が行われているのは、他の国にとってのモデルになると語った。これは、米が負担増を封印することを意味しないが、あくまで一方的かつ高圧的な要求がすべてではなく、理性的な議論が可能だということでもあるだろう。安倍総理のトランプ電撃訪問や、今回のマティス訪日を見る限り、トランプ政権における日米関係は概ね良いスタートを切ったと言えるのではないだろうか。

安倍総理とジェームス・マティス
安倍総理とジェームス・マティス米国防長官


 さて、そのマティス国防長官は、安倍総理への表敬訪問で、「米国は100%、安倍首相、日本国民と肩を並べて歩みを共にすることについて一切誤解の余地がない」と言い切った。そして、普天間辺野古移設に関しては「2つの案がある。1つが辺野古で、2つが辺野古だ」と述べ、日本政府の立場と足並みを揃えて見せた。

 これに反発したのが、訪米中の翁長沖縄県知事である。翁長はワシントンで記者会見し、辺野古移設を「唯一の解決策」として改めて日米が確認したことを批判した。

沖縄の翁長知事がなぜか憤慨「私の訪米中に安倍、マティス両氏が辺野古唯一と決定したのは失礼じゃないか!」(産経)

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の翁長雄志沖縄県知事は3日、ワシントンで記者会見し、安倍晋三首相とマティス米国防長官が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を唯一の解決策と確認したことを「(訪米)最終日にマティス、安倍両氏で『辺野古唯一』と決定したことは沖縄県民に失礼なやり方ではないか」と批判した。

 これに先立ち、翁長氏は国務省、国防総省の当局者と会談し、移設計画の見直しを求めた。米側は辺野古移設が唯一の解決策だとし、計画の推進は「揺るぎがない」と伝えた。


 よりにもよって、米国防長官の訪日の最中に国防総省に出向くとは、なんとも間の抜けた話である。そもそも、日本のいち地方の首長が米国に陳情に行くこと自体が筋違いなのだが、翁長は沖縄県知事には特権があるとでも思っているのだろうか。

翁長


 日米両国が従来の普天間辺野古移設方針を再確認したタイミングが、自身の勝手な訪米の最終日になったことは、偶然であろうと必然であろうと、なんら関係のないことだ。沖縄県知事は単なる行政区の長であるだけで、国防マターに関する決定権を有しない。

 朝日新聞が、翁長訪米をより詳しく伝えている。

翁長知事、米で有力者に会えず マティス氏とは入れ違い (朝日)

 翁長氏が基地問題を訴える目的で訪米するのは、2014年末の就任以来3度目。今回は下院議員12人や政府機関の日本担当者らと面会したほか、大統領も参加する朝食会で、ティラーソン国務長官にも接触した。ただ、ティラーソン氏とはあいさつを交わした程度で、トランプ氏に近い議員らとの面会もできなかった。(抜粋)


 米当局も、基地が立地する土地で、民意によって選ばれた首長だから、まったく無視というわけにもいかないだろう。だが、話は聞くが、米国の回答先は翁長ではない。結局、米国側が翁長に言えるセリフとは、「安倍総理と話してください」に限定される。

  翁長は、今回の訪米によって、辺野古移設阻止に向けた決意が「かえって強くなった」と語ったそうだ。だが、辺野古移設を阻止する方法について問われると、「戦術は言えない」と明言しなかったという。民主党出身でルーピーと言われた首相が、「私には腹案がある」と言い、実は具体的な方法論など持っていなかったことを後で白状したが、相通ずるものを感ずる。

 翁長の頼みの綱は中共の工作だ。安部総理、稲田防衛相と会談したマティスによって、日米の蜜月ぶりを見せつけられた中共が、翁長にどのような策を授け、翁長はどう動くのか。引き続き注視する必要がある。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/02/05 07:18 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: