私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年02月03日

自衛官の死を首相の首とバーターに使おうとする、江田憲司の愚劣さ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党が分裂ぶくみの動きを見せている。橋下維新から民進党に合流した松野頼久が先月末、党内の有志を集めて旧維新の分裂も話し合われたようで、泥船から脱出する策を夜な夜な検討しているようだ。それなりに政党支持率があるのであれば、野党第一党という立場のうま味もあるのだろうが、頼みの蓮舫は、代表としての求心力、指導力ともに皆無で、政党支持率は低空飛行を続けている。職のためならと、生き残りを模索する動きがでるのは、ある意味致し方なしというところだろう。

 分裂を噂される旧維新のもう片方の親分が、江田憲司だ。松野と江田という、どっちもどっち程度の政治家の動向について、どうなろうとも興味はない。私はこの江田憲司という政治家が生理的にダメなのだが、その個人的な気持ちを排除したとしても、この江田という政治家が国会で安倍総理に投げかけたは、最も愚劣な部類に入るものだ。

<安倍首相>辞任を「覚悟」…南スーダン、自衛隊員死傷で (毎日)

 安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている自衛隊に死傷者が出た場合、首相辞任の覚悟を持つ必要があるとの認識を示した。「辞任する覚悟はあるか」との質問に対し、「もとより(自衛隊の)最高指揮官の立場でそういう覚悟を持たなければいけない」と述べた。

 民進党の江田憲司氏が故橋本龍太郎首相の秘書官時代に発生したペルー日本大使公邸占拠事件について「橋本内閣では人質に犠牲者が出た場合、首相か官房長官が辞めると話していた」として覚悟をただした。南スーダンの自衛隊部隊には「駆け付け警護」など新たな任務が付与されている。首相は現地の治安情勢について「極めて厳しい」との認識も示した。

 また、ロシアとの平和条約交渉に関し「私はバトンを渡そうとは考えていない。私の手で締結しようと考えている」と述べ、在任中の解決に強い意欲を示した。


江田憲司


 江田は、この質問に先立ち、先月13日に自身のブログに同じことを書いている。

 一方、内戦状態の南スーダンには、自ら強行成立させた違憲の安保法制に基づき、昨年11月、自衛隊を派遣し、あらたに「駆けつけ警護」の任務を付与した。想定したくもありませんが、しかし、それで万が一、自衛隊員が殺傷されるようなことがあれば、安倍総理にその責任をとる覚悟があるのでしょうか? 事柄の性格は異なりますが、あのペルー人質事件(96年12月~97年4月)の時、日本人の人質に万が一のことがあれば、「私かあなたが責任をとって辞めよう」と当時の橋本総理、梶山官房長官が話していた光景が思い起こされます。(以上、抜粋)


 この江田という人物が、いつまでも「橋本元総理の首席秘書官」を売りにするのは、その後のセールスポイントがほとんどないということの裏返しではないだろうか。もっとも、橋本氏も梶山氏も既に故人であり、本当にそのような会話がったかどうかも確認のしようがないのだが…。

 江田は、安倍総理に対し、南スーダンに派遣されている自衛隊に死傷者が出た場合、「辞任する覚悟はあるのか」と質した。もちろん、政治家は現実問題として、そのような事態を想定しなければならないだろう。しかし、江田がこれを言う場合、人の死を政局や党利党略に利用すると浅ましさや卑しさ、非常識さがことばに漂う。

 自衛隊員に何らかの被害が出た場合、それは安倍総理の責任ではなく、攻撃する側の責任だ。自衛隊を派遣する唯一の決定者はその最高指揮官である内閣総理大臣であり、その総理大臣が「どこにも出るな」と言えば、自衛隊は安全である。しかし、そのような姿勢を貫けば、日本は国際貢献の意思がないと捉えられても文句は言えず、再び「金は出すが何もしない」国家として、国際社会に認知されるだろう。そのことが、我が国の安全保障にとってどれほどの損失かを、江田は想定できないのだ。

 自国軍に出る死傷者が、その国の政治リーダーの首を飛ばすなら、米国の大統領は何人いても足りないだろう。そんな議論を諸外国の人々が聞いたら、一笑に付されるのがオチだ。同時に、自衛官の身の危険を総理の首とバーターで使おうとするその非常識さに吐き気をもよおす。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/02/03 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: