FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年01月29日

辛淑玉、Tokyo MXに人権侵害申し立て ~ それに対するDHCシアターの見解がスゴイ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 Tokyo MXで放送中の「ニュース女子」。番組のスポンサーは、Youtubeで評判の「虎ノ門ニュース」を手掛けるDHCシアターだ。番組総指揮者も務めるDHCシアターの濱田麻記子社長は、昨年3月、この番組がプライムタイムに移行する際に記者会見を開き、同時間帯で放送されている「報道ステーションを潰しにいきます」と宣言した。

 Tokyo MXという地方局の番組としては過激な宣言ではあるが、保守派の論陣を重用するDHCシアターとしては、数ある偏向番組の象徴でもある「報ステ」を目の敵にするというのは、当然の成り行きなのかもしれない。浜田社長は昨年の会見で、「日本がどうやったら、もっと力を生かせるかが、見えてきました。それで、その前にやらないといけないことは、メディアだと思っています。本当のこと、本物を伝えたい。これは、私が狙っていることですから、出演者の皆さんには、ぶっ壊してもらいたい。何をしちゃっても結構です」とタブーがないことを強調している。だから、タブーの中で生きる者たちにとって、この番組は許しがたいのだろう。

 「ニュース女子」が放送した沖縄の基地反対運動について、事実と異なる報道がされているなどとして、人権侵害の申し立てがなされた。申し立ての名義人は、「のりこえネット」の共同代表、辛淑玉である。

辛淑玉
辛淑玉


 「のりこえねっと"辛淑玉"とは何者?」「反対運動を扇動する黒幕の正体は?」「韓国人はなぜ反対運動に参加する?」などのテロップを流したことに対し、辛淑玉の名誉が傷つけられたというのが申し立てだそうである。

 これに対するDHCシアターの見解は、ある意味、達観している。「基地反対派の取材をしないのは不公平」との批判を受けたことに対し、DHCシアターは濱田社長の名義で、こう語っている。

そもそも法治国家である日本において、暴力行為や器物破損、不法侵入、不法占拠、警察官の顔写真を晒しての恫喝など数々の犯罪や不法行為を行っている集団を内包し、容認している基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます。

DHCシアターでは今後もこうした誹謗中傷に屈すること無く、日本の自由な言論空間を守るため、良質な番組を製作して参ります。


 この見解に、朝日新聞が噛みついた。朝日は28日の朝刊社説「「偏見」番組 放送の責任わきまえよ」で、「(反対派の)言い分を聞く必要はない」と述べことについて、「開き直りというほかない」と批判した。そして、「放送法は、報道は事実をまげないですることや、意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることを定めている」と、上から目線で批判している。朝日新聞自身ができないことを、他人に言う資格があるのか。

 Tokyo MXは地上波ローカル局である。それに比べれば、TBSのサンデーモーニングやNews 23、テレ朝の報ステなどの責任たるや、比較にならないほど重いはずだ。TBSやテレ朝が、「意見が対立している問題について、できるだけ多くの角度から論点を明らかにする」ことができていると思ったら大間違いである。

 放送は健全な民主主義を発展させるためにあり、番組は明らかにその逆をゆく。対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに放送を使う行いは、厳しく批判されなければならない。(朝日社説)


 朝日のように、人々の間に分断をもたらすことに「新聞を使う」行いを実践してきた罪は、単なるローカル放送局と比較すれば、度し難く重いはずなのだ。

 社説のタイトル「「「偏見」番組 放送の責任わきまえよ」は、「「捏造」記事 新聞の責任わきまえよ」と言い換えれば分かり易い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/01/29 07:19 ] メディア | TB(0) | CM(12)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ