FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2017年01月17日

慰安婦問題の元凶、植村隆、「私は日本人の胸中に少女像を作らなければいけないと考える」と妄言を吐く

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日韓の間に横たわる最大の問題は、いわゆる「慰安婦問題」だ。そして、その問題を放火した元凶は朝日新聞であり、その中心にいたのが元朝日新聞記者の植村隆である。朝日を二年前にお払い箱となり、日本の大学等で教鞭をとるものの、有志の抗議もあってその職も辞し、いまは心の故郷、南朝鮮のカトリック大で招聘教授として「東アジアの平和と文化」を教えているそうだ。

 手っ取り早く言ってしまえば、ただでさえ反日感情が強い南鮮民族に更なる「恨」の根拠を与えたのが、植村が書き、朝日が世に広めた慰安婦捏造記事である。従って、現下の両国の対立構造の責任の多くは植村と朝日にあるはずなのだが、南鮮に渡った植村は、ヒーローとしての扱いを受けている。冬休みで札幌に戻った植村に、わざわざ南鮮メディアがインタビューに来るほど、「ご意見番」的な存在であるらしい。

植村隆


 南鮮の中央日報が、植村へのインタビュー記事「韓日国民の不信感解消がカギ、日本政府は韓国市民団体と対話を」を掲載している。無駄に長いので、要点だけを引っ張り出し、反論してみよう。

--安倍首相と日本政府が少女像に特に敏感に反応する理由は何か。

「少女像は2015年に締結された日韓慰安婦合意に対する韓国国民の反感を象徴していると考える。日本政府は慰安婦問題が『最終的かつ不可逆的に解決された』という立場だ。釜山総領事館前の少女像設置はこうした合意の精神に背くと判断しているようだ。しかしこの論理は間違っている。少女像は韓国政府が設置したのではなく、市民が自発的に設置したものであるからだ。合意文には、韓国政府は(少女像を)撤去するとなっていない」


 バカも休み休みに言えというものだ。市民団体が設置したために青瓦台に何ら責任が及ばないなら、日韓合意の発表で「像の撤去」に触れることはなかったはずである。努力目標であれ、像の撤去が合意の内容に含まれているのであれば、南鮮政府がまったく関与しないという公式は成り立たない。

--少女像の解決法は何か。

「日本政府が韓国の市民団体と議論して妥協点を見いだすのが一つの方法だ。安倍首相の(慰安婦)謝罪は外相が代読する形で行われた。こうした形式で謝罪が行われた経緯と日本と韓国が突然合意に至ることになった経緯をもう少し丁寧に説明しなければいけない」


 これも愚の骨頂である。過日書いた通り、外交というものは国家の代表同士が行うもので、誰の代表であるかもわからないいち市民団体と、国家の代表が対話し、何らかの妥協点を見出すなどありえない。元新聞記者であれば、どんな莫迦でもそのくらい理解しているはずだ。ただ、南鮮国民に喜んでもらうための発言だとしか思えない。

--果たして日本政府が韓国の市民団体と対話をするだろうか。

「難しいとは思うが、試みなければいけない。少女像の問題で(日本政府が)韓国政府と議論をしても問題は解決しないだろう。慰安婦被害者の意見を聞く形で行われなければいけない」


 日本政府と南鮮政府が議論して解決しないのであれば、外交は終わりだ。日本政府が南鮮の市民団体と対話することに何らかの可能性を感じているなら、南鮮も植村も、国家を否定していると言わざるを得ない。

 こんな低俗な妄想じみた願望を真面目な顔をして語っているなら、相手をする必要がないということだ。こういう南鮮の立場にたった日本人によって語られる「反日」は、南鮮の自己満足に過ぎないのだ。外国政府に妄想の相手をしろということの現実離れすら認識できない低俗さを、我が国に押し付けないでほしいものだ。

--ソウルに続いて釜山少女像が韓日関係の大きな問題になっている。

 植村は、インタビューの冒頭でこう語っている。

「問題は日本だ。私は日本人の胸中に少女像を作らなければいけないと考える


 日本人の心の中に慰安婦像を作るというのは、日本人に南鮮に対する贖罪意識を一生背負わせることに他ならない。このことを語った時点で、インタビューは読む価値がない。嘘を仕立て上げたのは植村隆という作家である。我々日本人は、その創作に対して一切の贖罪や懺悔、謝罪をする必要はない。むしろ、捏造で国家を貶めた植村という男に、日本国と日本国民に対する謝罪を求めたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/01/17 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(10)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ