FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年12月16日
月別アーカイブ  [ 2016年12月 ] 

脅しと圧力で言論の自由を圧殺する毎日新聞

← 応援クリック、ありがとうございます。

 株式会社DHCが主催する「虎ノ門ニュース」は、良質な情報番組である。地上波メディアでは “伝えない”内容を深く掘り下げた番組製作を主眼とするネットメディアで、恐らく拙ブログの読者の方にも視聴者は多いと思われる。その虎ノ門ニュースに対し、毎日新聞がブチ切れ、抗議文を送りつけるという展開が話題となっている。

 事は、11月15日の番組で、出演者であった百田尚樹氏と石平氏が毎日新聞の報道姿勢を取り上げ、「毎日新聞は価値がない」、「新華通信社の記事を伝えることだけが毎日新聞の役割」、「毎日バカ新聞」などと発言したことに端を発した。これにキレた毎日新聞が今月6日に番組あてに抗議文を送り付け、番組と両出演者に謝罪と訂正を求めた。対応によっては法的手段に訴えるという脅し付きだ。

 書状は、百田、石両氏の批判的発言に対し、「何ら根拠なく且つ客観的事実に反して当社の名誉を著しく毀損するものであり、当社として、到底看過できるものではありません」とし、末尾には、「当社に無断で本書状の文面を引用、公表することがないよう求めます」と書かれていた。毎日新聞は、書状の公表が虎ノ門ニュースの宣伝になることを嫌ったのだろうが、解釈を変えれば、書面による圧力を水面下に留めようとしたとも取れる。いずれにせよ、抗議文の公表に踏み切った番組側はGJだ。

虎ノ門ニュース対毎日新聞
虎ノ門ニュース対毎日新聞


 石平氏は、「バカ」という表現を使ったのは不適切だったと謝罪したが、「毎日新聞は新聞紙としての価値は全くない」という発言については撤回しなかった。百田氏は、毎日が謝罪と訂正がなければ法的手段を取る言ってきたのは言論弾圧だと真っ向勝負に出た。いずれも、適切な対応だろう。

 毎日新聞は、番組内の発言を、「何ら根拠なく且つ客観的事実に反して当社の名誉を著しく毀損するもの」と断罪しているが、一方で、毎日新聞自身が常に「客観的事実に沿って報道している」という事実はない。客観的事実に沿って記事を書けば、もっとマシな記事を出せるはずだが、相変わらず偏った視点のみに立脚する記事を連発している。朝日新聞という偏向の横綱の存在の陰に隠れてはいるが、朝日がなければ毎日が矢面に立つはずなのだ。

 かつて、毎日新聞は、英語版サイトに「WaiWai」というコーナーを設けていたが、そこに掲載されていた記事は、タブロイド判でも食いつかないような品のない記事の数々だ。「日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る」、「多くの日本人がセックスツアー、奴隷ツアー、残虐ツアーのために海外へ行く」、「日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」等々、「客観的事実」などありえないデタラメ記事をせっせと配信し、「日本人の名誉を著しく毀損」したのが他ならぬ毎日新聞である。詳しく書くのも憚られるような記事ばかりなので、興味がある方はまとめサイトを参照していただきたい。毎日新聞自身の検証については、毎日のサイトに「英文サイト問題の経緯」としてまとめられている。

 さて、話を毎日の抗議文に話を戻す。毎日新聞は自社が批判されたことで謝罪と訂正を求め、応じない場合は法的措置に出ると、番組側に脅しを送り付けた。巨大な力を持つ新聞社が、一介のネットメディアを狙い撃ちし、脅しと圧力で屈服させようという腹積もりなのだろう。自分らは自由勝手に記事を書き、宅配システムによって一般家庭にその記事を拡散させるが、気に食わないメディアや言論人の言論の自由すら認めないという狭量さ。これこそ、嘲笑に値する。

 毎日新聞にも社論はある。そして、社論を大いに掲載する自由はあるのだ。だが、彼らが自由に社論に異をことができる以上、それを批判する自由も認めるのが言論メディアのあるべき姿ではないのか。それとも毎日は、本当に言論統制を敷くつもりなのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/12/16 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(8)
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ