FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年12月09日

安倍総理に「真珠湾で反省を」と連呼する守旧メディア、天下の朝日はアジアガー

← 応援クリック、ありがとうございます。

 立場違えば見方も変わるものだ。一昨日の党首討論を受け、各紙は論評を社説に掲載しているが、あのサイテーだった蓮舫の議論(というより、安倍総理に対するヘイトスピーチ)を棚に上げ、朝日新聞は「安倍首相の姿勢にあきれる」と首相側を酷評している。朝日の色メガネを通して見ると、蓮舫よりも安倍総理側がダメに映るらしい。まったく珍しいメガネである。

 新聞の論評は各社の社是のもとに書かれるので、会社によってその訴えが異なることは当たり前だ。だが、戦後民主主義のイデオロギーにどっぷり浸かった日本の新聞は、決して公平な見方をしないどころか、ある程度の歪曲や捏造は許されると信じている感がある。安倍総理の真珠湾訪問という発表を受け、各紙が打ち出した社説は、守旧メディアの劣化のみならず、彼等のイデオロギーの反対側に居る者は徹底的に叩く必死さが伝わってくる。

毎日 - 首相が真珠湾へ 日米史の新たな節目に

 真珠湾では、不戦の誓いや日米同盟の将来について語るだけでなく、歴史に謙虚に向き合い、大戦への反省を自らの言葉で語ってほしい


日経 - 日米の真の友好につながる真珠湾訪問に

真珠湾で安倍首相はもう一歩進み、日本が戦争への道を突き進んだことへの反省の意も示してもらいたい


東京・中日 - 首相、真珠湾へ 「不戦の誓い」を世界に

 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇、武力の行使を、国際紛争を解決する手段としては、永久に放棄する、という憲法九条の決意を、堂々と語るべきだ


安倍首相 真珠湾訪問


 東京・中日の社説は論評にすら値しないが、毎日も日経も反省を語れと要求している。その他、地方紙も調べたが、北海道新聞も反省を要求し、琉球新報などはっきりと謝罪しろと書いている。読売が「慰霊に重点を置き、直接の謝罪は避けるとされる。妥当な対応だろう」と書いているのがせめてもの救いだが、大方の新聞は反省と謝罪要求でほぼ一致しているのが現状だ。

 さて、守旧メディアの大御所、天下の朝日新聞。朝日の社説を読んで、彼らは本当に化石化するのではないかと思ってしまう。

安倍首相 真珠湾で何を語るか (朝日新聞)

 首相がまず語るべきは、無謀な戦争に突き進んだ深い反省のうえに立ち、不戦の誓いを新たにすることだ。

 忘れてならないのは、アジアの人々への視線である。戦火の犠牲になったのは、日米の軍人や市民らだけではない。

 真珠湾攻撃に端を発した太平洋戦争は、アジアの多くの人々に犠牲を強いた。だが真珠湾攻撃以前から、日本は満州事変に始まる10年に及ぶ侵略と、植民地支配を進めていた。塗炭の苦しみを味わった人々の間には、いまなお日本への厳しい感情が残る。

 想起すべきは首相が3年前、靖国神社参拝に踏み切ったときのことだ。米国などから歴史修正主義者との疑念を招き、中国や韓国との関係悪化につながった。戦前の歴史を正当化するかのような言動が、どれだけ日本への不信を招いたことか。

 真珠湾訪問が、こうした不信の解消につながるなら歓迎したい。そのうえで、日米の和解をアジア太平洋地域の平和と安定に結びつけていくことだ。

 日米関係が地域の公共財として機能するためにも、日本はアジアの国々と真摯(しんし)に向き合う必要がある。そのことこそがアジアのみならず、欧米など国際社会での日本への信頼を高めることにつながるはずだ。


 真珠湾という象徴的な地への訪問は、日米間のイシューである。そこに「アジアの国々」を持ちだしてくるのは、あまりに強引すぎる論法だ。朝日が語るアジアとは支那と朝鮮だろう。他にも、日本に対する微妙な感情を残す国はある。しかし、アジア諸国は概ね日本には好意的かつ友好的だ。国家の意思として日本に「反省」やら「謝罪」やらを持ち出すのは、実質的には、支那と朝鮮以外にないのである。

 朝日新聞が唐突に持ち出す靖國神社参拝についても、ノイズを発しているのはその2国のみである。みな一様に、日米同盟の強固な関係を歓迎しており、靖國に対して国家レベルでクレームをつけてくるのは、その2国をおいて他にはない。従って、アジアでは支那と朝鮮のみが例外的に特殊なのであり、守旧メディアがその2国の主張のみを喧伝するため、多くの国民が間違った国際感覚を持つことになるのだ。

 朝日はいまだにアジア対日本のステレオタイプな対立構造で読者を洗脳できると思っているらしい。しかし、支那や朝鮮と他のアジア諸国をまとめて論ずる朝日の報道姿勢こそ、歪曲であり捏造なのだ。捏造で懲りたはずの朝日は、いまだに捏造という麻薬を手放すことができないらしい。新聞をやめて、築地の会社全体を更生施設にでも変えてみたらどうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/12/09 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(10)
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ