FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年11月03日

現行憲法公布70年 ~ 憲法と朝日との心中だけは御免こうむる

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本日11月3日は「文化の日」と呼ばれる国民の祝日である。この「文化の日」というのは「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という、極めて曖昧な趣旨を持つ祝日だが、その曖昧さゆえに非常にわかりにくい。一般的には現行憲法公布の日であるが、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを主眼とするなら、何も11月3日と結びつける必要はない。天長節/明治節を覆い隠したかったGHQの意向が働いていたとしても不思議はない。

 さてその文化の日を前日に控え、朝日新聞が現行憲法礼賛の社説を掲げた。

あす憲法公布70年 未完の目標に歩み続ける (朝日新聞)

 広島市長だった秋葉忠利さんは、かつて「原爆の日」の平和宣言で憲法の条文をまるごと引用したことがある。

 9条ではない。

 盛り込んだのは99条である。「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」

 そこに「国民」の文字はない。憲法は、国家権力が勝手な行いをするのを国民が縛り、個人の自由や権利を守るためにあるという近代立憲主義の精神が、条文には込められている。(抜粋)


 この「憲法は権力を縛るもの」というご高説は、平和安全法制の議論のなかでよく聞かれたものだが、憲法が権力を縛るだけで国民はその拘束から自由であるという論理は破綻している、と私は思う。

朝日新聞本社


 憲法改正の発議は国会議員の権能である。しかし、それを最終的に決めるのは、主権者たる国民だ。その、憲法の最終決定者である国民自身が「憲法なんて遵守しなくてよい」とするなら、それは完全な論理破綻だ。納税、教育、勤労といった義務条項だけを取っても、憲法は国民をも縛る。都合の良い立憲主義は実質的には筋として通らないのだ。

 憲法それ自体は一片の文書にすぎない。自由・平等・平和という憲法が掲げる普遍的な理念にむかって、誕生時の重荷を背負い、時に迷い、時に抵抗を受けながらも、一歩ずつ進み続ける。その営みによって、体全体に血が通い、肉となっていく。

 プライバシー、報道の自由、一票の価値、働く場での男女平等、知る権利……。社会に定着したこうした考えも、憲法という土台のうえに、70年の年月をかけて培われたものだ。(抜粋)


 朝日のこの主張によると、日本に自由、平等、平和という理念が根付いたのは、憲法のお陰だということになる。しかし、それは違うだろう。現行憲法以前に自由、平等、平和がなかったのかといえば、それは確かに存在した。朝日は戦前と戦後のあいだに明確に線を引き、戦前は地獄で戦後はバラ色という構図を読者に示したがるが、その前提事態に疑問符が付く。

 憲法に指一本触れてはならない、というのではない。だが、長い時間をかけて積みあげた憲法の根本原理を壊そうとする動きに対し、いまを生きる主権者は異を唱え、先人たちの歩みを次代に引き継ぐ務めを負う。


 朝日がこの社説で一貫して主張しているのは、70年の年月をかけて日本国民に培われた憲法そのものの重みだ。しかし、70年間の歳月で経年劣化を起こしている9条のような条項は、すぐにでも変えるべきだ。朝日はそのような試みを「平和という根本原理の破壊」などと批判するだろうが、結局は「話し合い」以外の代案は示さない。だから無責任なのだ。

 我々国民は、朝日新聞と違い、憲法と心中する気はないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/11/03 07:21 ] メディア | TB(0) | CM(8)
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ