FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年10月28日
月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

キンペーのメンツを潰した日比首脳会談

← 応援クリック、ありがとうございます。

 彼の言葉の独特の過激さで、来日中に何か騒動でも起きるのではとヒヤヒヤしていた日本人も多かったであろう。だが、フィリピンのドゥテルテ大統領の来日は大きな問題がないどころか、一定の確実な成果を示すものだったと考えられる。

ドゥテルテと安倍総理
打ち解けた雰囲気のドゥテルテと安倍総理


 三笠宮殿下の薨去により、ドゥテルテによる天皇陛下への接見は取り止めとなった。実は私としては怖いもの見たさもあり、ドゥテルテの振る舞いに注目していたのだが、可能性としての危険も排除された。なにせ、大国のリーダーである米オバマ大統領に対し、タガログ語で売春婦の息子を意味する言葉を使って罵ると示唆したりと、その思い切りぶりは通常の外交儀礼の次元を遥かに超える。天皇陛下のお立場を察する国民としては当然の心配だ。

 天皇陛下との接見を除けば、注目は、ドゥテルテが来日前に訪問した支那で、あたかも支那と外交問題・領土領海問題を穏便に話し合うことで合意した点だ。ハーグの仲裁裁判所の裁定を「紙屑」と批判し、取り合わなかった中共が相手だ。ドゥテルテは「軍事的にも経済的にもアメリカと決別する。今後長い間、中国が頼りだ」と支那を持ち上げた。しかし、一方で、彼は習近平に会う際、ポケットに手を突っ込み、ガムを噛んでいたという。途方もない策士なのかもしれない、このドゥテルテという男は。

 安倍総理との会談では、支那との南シナ海問題について、平和的解決に向けて協力することを確認し、仲裁裁判所の判断は拘束力があるとの認識を示した。そして、支那と領有権を争う日本とフィリピンの類似点を指摘し、「ときが来たときには日本の側に立つ。安心してほしい」と語ったそうだ。習近平のメンツは見事に潰れた。支那から資金を取り付け、笑みを浮かべて彼の地を後にしたその直後、別の顔に変わったのだ。

日比首脳会談


 南シナ海問題に関し、ドゥテルテは「法の支配のもと平和的に解決」という、日本外交の原則をそのまま引用した。そして日本が大型巡視船2隻を供与することを確認したうえで、海上自衛隊の練習機「TC90」の有償貸与に関する交換公文にも署名している。これは南シナ海問題への日本の関与を公式に認める意味と捉えられる。キンペーはかねてより「日本は部外者」と日本の関与を認めないスタンスを示すが、日比はその言葉と正反対の合意をしたのだ。ここでも、キンペーのメンツは潰れた。

 少なくとも、フィリピンが支那とすり寄ったと見られた少し前の情勢を、ドゥテルテは「法の支配」「日本の側に立つ」という自分自身の言葉で変えた。日本外交としても、アジアの中の日本をアピールする良い機会となったはずだ。安倍総理は、価値観の共有を演出しながら、数少ない相反する価値観である「人権」問題を取り沙汰しなかったという。小異を捨てて大同に就いたということだ。

 おそらく少人数会合の後であろう上の写真の、両首脳のリラックスした笑顔を見れば、この会談が両首脳にとって概ね満足のいくものだったことをうかがわせる。米国がフィリピンとの関係改善を望むのであれば、日本の関与は必須になるだろう。キンペーは日本のプレゼンスに苦虫を噛み潰したような表情を浮かべていると思われる。

 一つ付け加えるとすれば、フィリピンはなぜ反米であり、戦後メディアが同国に対して多大な迷惑をかけてきたとする日本に対し、何故かくも親日的か、ということだ。ここにも戦後メディアの嘘があることを見逃してはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/28 07:11 ] 外交 | TB(0) | CM(17)
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ