FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年10月25日

蓮舫効果なるものを期待した民進党議員の浅はかさ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日投開票が行われた衆院補選は、自民党候補が圧勝した。東京10区では若狭勝氏の得票率が60.3%、福岡6区における鳩山氏のそれは62.2%だ。小池ブームの風が吹く東京10区、大臣を歴任した鳩山邦夫氏の弔い合戦とくれば、自民党としては勝って当たり前の選挙である。野党候補は接戦に持ち込むことすらできず、自民党が盤石な勝利を収めた。

若狭勝氏


 敗れた民進党は、選挙対策委員長の馬淵澄夫氏の名前で談話を発表しているが、最後の段落にある文章に思わず吹き出しそうになってしまった。談話にはこう書かれている。

 今回の結果は大変残念ですが、多くのご支持を頂戴する中で、国民の皆さまが安倍政権に大きな不満と不安を抱いていることを確信いたしました。永田町ではすでに解散風が吹き始めています。我々民進党は今回の結果を厳粛に受け止めつつ、「人への投資」が未来を創るという信念の下、安倍一強政治を打破し、国民の皆さまが真に求める政策の実現に向けて引き続き全力で邁進してまいります。


 彼らが使う「国民」ということばは、いったい何を意味するのだろう。選挙はその時の民意が現れるものだが、東京10区の若狭氏、福岡6区の鳩山二郎氏とも圧勝である。言うまでもなく、民意は民進党には向いていないのだ。「国民の皆さまが」ではなく「国民の一部の皆さま」とでも書けば話も分かりやすいが、すべてをひっくるめて「国民の皆さま」と言うこの事態、かなりの厚かましさである。馬淵氏は民進党の中ではまともな議員の部類に入ると思うが、その馬淵氏をしてこう書かざるを得ないことが、民進党の悲痛な状況を物語っている。

 選挙の敗戦が党代表に向かうのは必然である。民進党内では、早くも代表に対する不満が出始めたようだ。

「蓮舫効果なし」と不満表面化=菅長官、TPP早期承認に全力-民進 (時事)

 衆院東京10区、福岡6区の両補欠選挙から一夜明け、いずれも公認候補が敗北した民進党は24日午後、執行役員会を開き、態勢の立て直しを急ぐ。同党内では「新代表の効果が全くなかった」(中堅)と、蓮舫代表の指導力に不満の声が表面化。また、共産党などとの協力が不十分だったとして「野党共闘を仕切り直しすべきだ」との意見も出ている。(以下略)


 この中堅議員というのは、なにやら「新代表の効果」なるものを期待していたようだ。確かに代表に就いた蓮舫は、先の参院選における東京選挙区で112万超を得票するほどの人気だった。そのポジティブなイメージを期待する気持ちもわからなくはない。私も蓮舫が代表選を戦っている最中で、もし蓮舫が代表に選ばれれば、多少のご祝儀相場ぐらいつくと思っていた。

 だが、そのポジティブなイメージを壊したのは、“脱法ハーフ”蓮舫そのひと自身だった。二重国籍問題で矛盾だらけの釈明を繰り返し、与党を攻撃するときのあの歯切れのよい口調は消え、他人に厳しく自分に甘い正体を晒してしまった。日本国籍を選択していない人物を、民進党は代表に据えたのだ。期待も何も、まともに相手にされると思っていることこそが非常識なのだ。

 衆院選は政権選択の選挙だ。噂される解散総選挙で、仮に民進党が共産党らとの野党共闘を組むとすれば、「理念も政策もバラバラの私たちに政権をください」「ただの反自民連合です」と主張することになる。こんなことで国民の信頼を得られると思っているなら、正真正銘のバカ者だ。もう党名を変えることぐらいしかやることが残っていない小沢一郎に、「民進党は解党すべき」と言われるほど、民進党には軸がない。

 民進党のようなポピュリズム政党が、ポピュリズムに訴えてもなんの効果も得られなくなったら、その党にもう存在価値も意義もないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/25 07:11 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ