FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年10月04日
月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

南朝鮮の「おかわり」を拒絶した安倍総理

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨年末の日韓合意で「不可逆的に解決」されたはずの、いわゆる慰安婦問題に関し、南朝鮮側が安倍総理による自称慰安婦らへの「おわびの手紙」を求めていることについては、過日書いた通りである。外交上の合意を簡単に覆す行為は彼等のお家芸であり、彼らのDNAにその習性が書き込まれていることが、今回も改めて証明された。

 昨日の衆院予算委員会で、民進党の小川淳也が、その「おわびの手紙」について質問したが、安倍総理はけんもほろろにその要請を断った。

“ゴールポスト”を動かす韓国に日本政府が強い不快感 安倍晋三首相は“おわび手紙”を「毛頭考えていない」と完全否定 (産経)

 安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意をめぐり、韓国の元慰安婦支援財団が首相による謝罪の手紙を求めていることに関して「われわれは毛頭考えていない」と応じない考えを表明した。日韓合意では、慰安婦問題に関し「最終的かつ不可逆的に解決」と確認されているにもかかわらず、ここにきて韓国側が合意に含まれない「追加的な措置」に言及。日本政府は、韓国側が解決の“ゴールポスト”を再び動かそうとしていることに強い不快感を示している。

 首相は3日の予算委で「合意した内容を両国が誠実に実行していくことが求められている。(手紙は)内容の外だ」と説明。岸田文雄外相も「日韓外相による共同発表の内容に尽きる。追加の合意がなされているとは承知していない」と韓国の要求が不当だとの認識を強くにじませた。(以下略)


 この答弁を受け、小川淳也の発した言葉は、「ひとまず受け止めさせていただきたい」だった。「ひとまず」とは「今後のことは別にして」という意味であるから、小川としては、安倍総理が「おわびの手紙を出すべき」だと考えているのだろう。不可逆的解決を日本側から蒸し返してどうするのか。

 この安倍総理の答弁に関し、南鮮メディアが一斉に反応している。中央日報は、南鮮のネットユーザーの反応を交えてこう報じた。

慰安婦へのおわび書簡 安倍首相「毛頭考えていない」 (中央日報)

 安倍首相が韓国の慰安婦被害者に対しておわびの手紙を送る問題について「我々は毛頭考えていない」と述べた。

 安倍首相は3日の衆議院予算委員会で、昨年12月の韓日慰安婦合意の「追加措置」として日本側が慰安婦被害者におわびの手紙を送る可能性があるのかという野党議員の質問に対し、「合意した内容の外だ」とし、このように答えたと、共同通信が報じた。

 これに先立ち岸田文雄外相も先月30日、韓国政府が前日に慰安婦に対する日本政府の「追加の感性的措置」を期待すると明らかにしたことに関し、「合意はなされていない」とし「日韓合意は昨年12月に発表された通りで、それ以上でもそれ以下でもない」と述べた。

慰安婦像


 安倍首相のこうした発言に対し、韓国のネットユーザーからは「日本首相があんな発言をしても、政府はまだ日本が慰安婦問題について謝罪したと考えるのか」「最初から日本当局の謝罪を受けることを考えるべきだったが、どうしてお金を受けたか」「あれが日本の本性だ。朴槿恵(パク・クネ)政権は慰安婦合意で過去の歴史をすべて解決したかのように主張しているが、我々がもてあそばれたと言うべき」「我々も少女像の撤去は毛頭考えていないから期待するな」などの声が出ている。

 あるネットユーザーは「安倍首相はただ『考えていない』と話すこともできるのに、わざわざ『毛頭』と強調したのは、自分の支持層である日本極右勢力に対するリップサービスということ以外に解釈することはできない」とコメントした。(抜粋)


 中央日報は「追加措置」と明確に書き、聯合ニュースも「昨年末の韓日の合意に加え、日本側が慰安婦被害者に謝罪の手紙を送る可能性について」と書いている。つまり、南鮮側もこの「おわびの手紙」なるものが合意に含まれていないことは重々承知しているのだ。一般的に言えば、いわゆる「誠意を示せ」という類いの要求だが、相手が南鮮になると「誠意」だけでは済まされない。その「おわび」が未来永劫、謝罪とカネの要求の根拠になるのだ。

 「不可逆的解決」は、そんな南鮮族の習性を見越し、いわゆる慰安婦問題については「今後は自国内の問題」と定義するものだった。

 ちなみに、外務省のホームページでは、南鮮を「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と説明しているが、相変わらず「基本的価値を共有する」という表現は削除されたままである。もう「おかわり」はないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/04 07:13 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ