FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年09月18日

世論を無視し、仲良しクラブの維持を優先 ~ 自民党東京都連の腐り具合

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国会議員であれ都議会議員であれ、議員たるもの、公に尽くすことが仕事である。彼等は有権者の負託を受けて議席を与えられ、それぞれが担当する国民や地域住民にとって必要な政策の実現を生業とした立場の者たちだ。

 民進党代表選が二の次になるほど、国民の注目を集める豊洲市場移転問題だが、豊洲の地下水問題とは別次元で、その腐敗ぶりが露わになるのが、自民党都連である。先の都知事選で、都連に抗い、小池ゆり子氏を全面バックアップした若狭勝氏は、いまだに自民党都連による恣意的な排除の論理を行使されているという。

私を事実上除名し続ける東京都連の異常性 (若狭勝オフィシャルブログ)

自民党東京都連は、未だに、都連のホームページから私の名前と顔写真を削除し続けています。

また、昨日行われた都連の会議(新役員を選任する目的等)には、そもそも私への開催案内通知が全くなく、出席の機会を与えられていません。

自民党本部の方では、先日、都知事選で小池現知事を応援したことを理由として私に対し口頭厳重注意処分を行い、一つのけじめ、区切りを付けたにもかかわらず、都連は、相変わらず、事実上、私を都連から排除(ホームページからの除名等)し続けているのです。(以下、略)


 ひと言でいえば、「お前なんか仲間じゃない」という、都連による若狭氏への嫌がらせだ。


 文中にある通り、自民党本部は二階幹事長が若狭氏に公党厳重注意処分を行い、事実上の手打ちが完了している。しかし、都連は中央の判断を無視し、仲良しクラブの維持を画策している。その具体的な形が、次のNHKの報道である。

自民都連 小池知事支援の区議7人に離党勧告 (NHK)

自民党の東京都連は16日会合を開き、先の都知事選挙で、小池知事を支援した党所属の区議会議員7人について、「党の方針に反する行為で責任は重大だ」として、来月末までに離党するよう勧告することになりました。

先の東京都知事選挙をめぐって、自民党は、党の方針に反して小池知事を支援した、比例代表東京ブロック選出の若狭勝衆議院議員に対し、二階幹事長が、口頭で厳重注意しました。

自民党東京都連は16日会合を開き、若狭衆議院議員と同様に小池知事を支援した、豊島区と練馬区の党所属の区議会議員合わせて7人の処分を協議しました。その結果、「党の方針に反する行為であることは明らかで、責任は重大だ」として、7人の区議会議員に対し、来月末までに離党するよう勧告することになりました。

会合のあと、都連の会長を務める下村幹事長代行は記者団に対し、「処分は、国会議員には党本部が、地方議員には都連がそれぞれ行うので、違いが出るのはやむをえないが、来月の衆議院東京10区の補欠選挙で勝つことがいちばん大切だ」と述べました。


 都連の対応は、自分たちが積み上げてきた利権やヒエラルキーがなし崩しにされることを忌避する、単なる保身ともとれる。世論がくだした判断を無視してまで、現状を維持しようとする自民党都連は異常だ。もっとも、若狭氏も、小池氏を支援することで、仲良しクラブから排除されることを想定していなかったはずはなく、両者の対立は世間から見れば、仲良しクラブの内輪もめ以上でも以下でもない。

 下村都連会長のコメントも、なんとなく生煮えで、的を得ていない。蓮舫を代表に選んだ民進党が、自浄作用が効かない政党と批判されているが、自民党東京都連も五十歩百歩だ。自民党が自らを内側から変えられないのであれば、頼みの綱は週刊文春ぐらいなものなのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/09/18 10:24 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ