FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年09月11日
月別アーカイブ  [ 2016年09月 ] 

岡田克也が是とするルールなき多様性

← 応援クリック、ありがとうございます。

 大辞泉によれば、多様性とは「いろいろな種類や傾向のものがあること。変化に富むこと」とある。蓮舫二重国籍疑惑が民進党代表選に大きく影を落とす中、岡田代表はこの疑惑を多様性で一蹴しようと試みた。その岡田の発言で出てきたのが、「多様性」である。

蓮舫氏は多様性の象徴=岡田氏・民進代表選 (時事)

 民進党の岡田克也代表は8日の記者会見で、代表選(15日投開票)に立候補している蓮舫代表代行について、「多様な価値観はわが党にとって非常に重要なキーワードだ。お父さんが台湾出身で、女性であることは多様性の象徴であり、民進党代表としてふさわしい」と述べ、改めて支持を表明した。

 
 岡田氏は代表選に関し「自民党と比べてはるかに女性が重要な役割を果たす政党であってほしい。その究極の姿はトップが女性になることだ」とも語った。

 蓮舫氏をめぐっては日本と台湾の「二重国籍」の可能性が指摘されている。岡田氏は「お父さんが台湾の人だからおかしいという発想があるとしたら極めて不健全だ。日本国籍を取得すれば日本人だし、リーダーになっていけないことは全くあり得ない」と蓮舫氏を擁護した。 


岡田


 多様性を是とするのが民進党の方針であれば、それを否定することもないけれど、台湾出身の父親を持つ女性が代表に相応しいとするのは、単なる論点のすり替えである。ルールなき多様性を認めるのであれば、国も社会も成り立たない。金正恩ですら国際社会における多様性の象徴であるという論理が成り立ちかねない。

 「「お父さんが台湾の人だからおかしいという発想があるとしたら極めて不健全だ」というのも、極めて筋が悪く、論点のすり替えである。誰もそのようなことは言っていない。外国籍を残したまま公党の代表になろうとするとき、その外国籍が代表や党の意思決定に及ぼす影響、ひいては、日本国首相になる可能性が否定できない存在であるがゆえに、国家の運営に外国籍が及ぼす影響を懸念しているのであり、世論の批判の論点は多様性と全く関係がないのだ。

 ルールを無視して理想論を語り、それを崇高な思想と実際の行動に結びつけるのが、サヨクの常套手段だ。沖縄の基地反対運動は、多様性の象徴でも何でもなく、ルール無視の暴挙である。経産省敷地内の反原発テントも、ルール無視を無視したただの犯罪行為である。多様性にはルールという前提が必要で、ルールを無視した多様性など、社会の迷惑でしかない。

 岡田は、公党である民進党の代表として、今回の代表選における候補者の資格を確認する責任がある。多様性でこの問題から逃げるなら、岡田も民進党も、ルールを守らない無法者の一味であると断定せざるを得ない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/09/11 10:39 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ