FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年09月07日
月別アーカイブ  [ 2016年09月 ] 

蓮舫に議員辞職を要求する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 二重国籍疑惑が渦巻く渦中の蓮舫が、6日、高松市内で記者会見を開き、「二重国籍」疑惑について「いまなお確認が取れない」と述べ、台湾当局に対し、現時点での台湾籍の有無について確認手続きを取り、同時に台湾籍を放棄する書類を提出したことを明らかにした。今までのらりくらりと質問をかわし、記者の「台湾籍は放棄したのか」という質問に対して「質問の意味がわからない」とはぐらかしてきた蓮舫だが、完全に“詰む”前に自ら幕引きを図ったようだ。

蓮舫、二重国籍疑惑


 会見の内容に関して、この問題を提起した張本人である八幡和郎氏が、Agoraで反論している。蓮舫の言質に対しての具体的な反論だ。要約すると、以下のようになる。

蓮舫 31年前、あの、誕生日来る前だったので、17歳でした。高校を国籍取得の手続きで休みの届けを出したのをかろうじて覚えている。父から聞いたのは、未成年だったので父と一緒に東京にある台湾の代表処に行って、台湾籍放棄の手続きをしています

日本国籍選択宣言は18歳にならないとできないので、その誕生日の前に17歳で選択宣言をしたことはありえない。

蓮舫 国籍離脱手続きもした

中華民国国籍離脱宣言は20歳にならないと出来ないので、不可能。

蓮舫 父親を信じて台湾の国籍はなくなっていたと思っていた

大貿易商でいい加減なお父さんには見えない。

蓮舫 違ったかも知れないので、本日、中華民国籍離脱手続きを取ったのでもう日本人だ

持っているかどうか分からない国籍を離脱するという文書があって、それで本国に照会もせずに国籍が即日消えるのか
1994年にお父さんが死んだときの相続等の手続きで台湾籍に気がつくはず。除籍謄本とかいろいろ必要なはずである。

蓮舫 台湾語で文書が分からなかった

青学高校の生徒で文章の読解力は高く、台湾で毎年かなりの期間をすごして、ある程度わかるはずである。


 そもそも、「生まれながらの日本人」を標榜する蓮舫が、17歳で日本国籍を取得したと発する時点で、論理矛盾が起きる。嘘を嘘で塗り固めるあまり、自分の主張が内部で矛盾を引き起こしていることに気づかないのかもしれない。しかし総じて、蓮舫の一連の発言はあまりに軽いと言わざるを得ない。

 民進党は、民主党時代から根本的に詐欺政党であるが、国籍まで詐称しているとは、さすがに一般の有権者も思わなかっただろう。蓮舫は、台湾当局に国籍放棄の手続きを取ったことで、「結果的に私は日本人」という幕引きを画策しているようだが、ことはそれほど単純ではない。手続きは結果的に、台湾籍が残っていることを認めた行為であり、蓮舫の「籍抜いてます」という発言は経歴詐称そのものである疑いが極めて強いのだ。

 公職選挙法第235条は、経歴詐称を「二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金」と定めている。これが適用されると、自動的に議員としての資格を失う。仮に蓮舫に悪気がなかったとしても、経歴が虚偽であればこの罰則は適用されるというから、蓮舫に逃げ場はないのだ。

 この際、民進党代表への野心どころか、議員としての立ち位置を失うのだから、議員辞職は当然の要求である。民進党は政府与党に対して常に「説明責任」を求める政党だが、自らの説明責任を果たせぬままこのような経歴詐称議員を代表に選ぶようなことになれば、政党としての存在理由すら失うだろう。政権運営の失敗をいまだに総括できない政党には酷な要求だが、執行部は少なくとも、蓮舫の出馬を取り止めさせるべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/09/07 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ