FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年08月18日

吉永小百合と姜尚中の残念な対談 ~ 問「よその国が攻めてきたらどうするの」、答「憲法9条があれば安全」ww

← 応援クリック、ありがとうございます。

 女性自身のサイトに、吉永小百合と姜尚中の対談が掲載されている。掲載日は8月15日、終戦の日だ。突拍子もない発言が出てきて、かなり面白い。

吉永小百合(以下、吉永) 初めてお話したのは07年。私のラジオ番組に来ていただきました。そのとき私、姜先生に、こう質問しました。「『憲法9条を守ってほしい』と友人に言ったら『よその国が攻めてきたらどうするのか』と言われて、言葉に詰まってしまいました。なんと返せばよかったのでしょうか」って。姜先生は、「あの天文学的な軍事力を持っているアメリカでも、9.11のテロを防げなかった。だから日本も、アメリカ以上の軍事力を持たないと、武力で抑止するのはむずかしいし、それは不可能。憲法9条を持っていることのほうが、より安全を守れるんですよ」と答えてくださったんです。 

姜尚中(以下、姜) あぁ、そんな話をしましたね。吉永さんも、この間さらに、憲法9条を守ってほしいというお気持ちが強くなったのではないですか。昨年は、安保関連法も成立してしまいましたからね。


 いきなり冒頭部分で、憲法9条万能説が出てくる。姜尚中は「憲法9条を持っていることのほうが、より安全を守れるんですよ」と言ったらしいが、今、尖閣沖の日本の領海に「あなた方は平和を愛する諸国民のひとつでしょう?やめてください」と言ったところで、どんな効果をもたらすのか。ぜひ、自らが検証してほしい。


姜 けど、僕は今回、日本の市民社会の成熟はたいしたものだと思いました。「シールズ」のような若い人たちが声をあげ、全国にはお母さんたちの「安保関連法に反対するママの会」ができました。またこれに一般市民や学者が加わり、市民連合ができた。その後押しで、参院選で野党共闘が実現し、すべての一人区で統一候補が立てられました。吉永さんも関西の市民連合にメッセージを寄せておられましたね。

吉永 はい。こういう市民の活動は、ほんとうに素晴らしいと思います。みなさんが、自分が思っていることを声に出して、意志表示しておられる。その中でも意見はたぶん違うのだと思うのですが、いろんな場所で、つながって行動する力強さを感じました。ただ、これを継続していかないといけませんよね。


 もし、SEALDsが市民社会の成熟を示すものならば、なぜ彼らの主張はなぜ受け入れられず、国政選挙と都知事選で、安倍政権に反対する勢力が負けたのか。安倍政権を支持する者、平和安全法制を支持する者が成熟していないというなら、彼らの言う成熟というのは、自分らのイデオロギーを支持する者だけに与えられる都合のよい賛辞だということになる。これは国語への冒涜であり、対峙する勢力へのヘイトでもある。

 この対談を受け、プロパガンダ発信サイトであるLITERAが、こう書いている。

 だが、最近の吉永が最も危惧しているのは、その「護憲」「反戦平和」を口にすることすら難しくなっているという、時代の空気感だ。


 「護憲」と「反戦平和」は不可分な事柄ではない。「戦争反対」は、護憲派のみならず、ほとんどの日本国民に共通する願いだろうし、「平和」も然りだろう。だが、彼らは、戦争を回避し、平和を維持することに日本国憲法が現在のまま存続することが必要だと言っているのだ。憲法9条を守る義務は、日本以外の国にはない。むしろ、日本を侵略しようとする国にとって、非常に好都合な「日本への制約」なのだ。もし、「護憲」「反戦平和」を口にすることすら難い空気感を感じるなら、それはその者が時代に取り残されているということではないのか。

 「平和安全法制=戦争する国」、もしくは「9条=恒久平和」、「憲法改正=戦争」というステレオタイプな思考回路しか持てないなら、こういう人たちはますます相手にされなくなるだろう。在日米軍の存在、9条改正の主張などは、戦争を回避するための努力であって、これを否定するなら、「戦争回避のためのアクションは取るな」と言っているのと同じだ。吉永や姜のような人たちが理想を追うのは自由だが、現実を見ようとしない姿勢こそが叩かれるポイントだということを、重々理解する必要がある。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/08/18 07:15 ] 史観 | TB(0) | CM(19)
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ