FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年08月03日

内閣改造人事 ~ 石原伸晃の留任という節操のなさは理解を超えている

← 応援クリック、ありがとうございます。

 参院選と都知事選が集結し、各党は「次の体制」でかまびすしい。民進党は、都知事選の最終盤に代表の岡田が次の代表戦には不出馬の意向を示し、同党の議員も批判を隠さない。都知事選で、自らが推した鳥越俊太郎の敗北が濃厚になった時点で、責任逃れの敵前逃亡である。この姑息な動向に、批判が集中するのは当然のことだ。

 民進党は、長島昭久、蓮舫らが出馬に意欲を示し、前原元代表も機をうかがっていると言われる。誰が代表になっても構わないが、今までの玉虫色の憲法感や、平和安全法制を「徴兵制」などとネガキャンを張る体制は、今後も変わりあるまい。この政党には「旗」がない。「反自民」だけでは政党の存在意義そのものがないのだ。

 さて、自民党はといえば、内閣改造と党役員人事の時期である。麻生副総理兼財務相、菅官房長官、岸田外相など、重要閣僚が留任すると言われるなか、注目すべきは、稲田朋美現政調会長が防衛相で入閣するという噂だ。郵政解散の直前に、自民党本部で稲田氏の講演を聞いた安倍幹事長代理(当時)が一本釣りしたという経緯もあり、第二次安倍内閣は、当選3回の稲田氏を初入閣させる。2014年からは政調会長を務め、今夏の改造内閣で防衛相というスピード出世だ。

稲田朋美


 安倍総理に近いと女性議員と言えば、高市氏も古参の保守派だが、総理はおそらく、稲田氏を将来の総理候補として育てている。稲田氏が持つ「器」を見抜いているのだろう。古株の多い自民党の中で、このような優遇は嫉妬の対象となるため、前途は楽ではない。が、着実に山を登っているのが稲田氏である。

 私にとっての驚愕ニュースは、石原伸晃の経済再生担当相留任だ。稲田氏が着実に山を登っているとすれば、石原伸晃は着実に山を下っている人物だ。失言癖も伸晃の特徴のひとつだが、これまで陽の当たらない環境相、経済再生担当相というポストもあってか、2012年の入閣以降、現在までいったい何をやっているかさっぱりわからない。それに加えて、今般の都知事選の惨敗である。一般的な感覚で言えば、留任の打診があっても断るのが普通であるように思える。

 都知事選は、腐った自民党の象徴のような選挙だった。小池氏の公認要請を受けていれば、たとえ政党色が出ようと、楽勝の選挙だったはずだ。それを、自民党都連のエゴ丸出しの対応ではねつけ、増田寛也を擁立して惨敗した。党所属議員に対し、北朝鮮まがいの締め付け文書を出して恥を晒し、親父とともに小池批判を公言し、世論の反発を買った。いまは、恥ずかしくて世間様に顔向けできない状況だろう。入閣をオファーする官邸側の思惑もあるのだろうが、それを受ける節操のなさには呆れるばかりだ。

石原伸晃


 内閣改造は、本日発表される。稲田氏の防衛相での入閣、石原伸晃の留任も、いまは仮定でしかない。ひとつ言えるのは、石破茂の「脱閣」が現実となり、自民党の党内政局は、2018年の総裁選に向けてスタートしたということだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/08/03 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(20)
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ