FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年07月23日

鳥越「弱者に手を差し伸べ、声を聞く」 ~ 同じ言葉を淫行スキャンダルの相手に言ったらどう?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「追及する側」から一転して「追及される側」になった気持ちは、果たしてどんなものだろう。「サンデー毎日」編集長時代、故宇野宗佑首相の女性問題をすっぱ抜いて名を上げた鳥越だが、都知事選という一世一代の場で自身の過去を暴かれ、対応を弁護士に丸投げして無言を貫く姿は、政治家に説明責任を強く求めてきた姿勢など、都合よく忘れたかのようだ。

「弱い立場の人たちに視線を送り、手を差し伸べ、その人たちの声を聞き、応えていくという父親の意思を私は継いでいる」


 これは、22日、有楽町駅前で開催した野党5党との合同演説会で、鳥越自身が発したことばだ。ならば、淫行スキャンダルの相手の女性の声も、鳥越の耳には入っていたはずである。自分を飾るのは勝手だが、ボロが出てきては全く説得力を持たない。このスキャンダルは東京都にとどまらず、全国レベルに普及してしまった。今都知事選で鳥越を選出するようなことがあれば、東京都民は全国に対し、「無節操」という恥を晒すことになる。いくらなんでも、都民にとってそんな恥は願い下げだろう。

鳥越俊太郎


 都知事選も終盤戦に入り、普段は1ないし2か所しか遊説しない鳥越陣営は、今日土曜日は大盤振る舞いで、3か所も(笑)もカバーするようだ。しかし、応援弁士が、衆院選比例復活でかろうじて首をつないだ、日本憲政の汚点の菅直人、「殺すための予算」の党の小池晃、「アベに言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやるの山口二郎とくれば、沿道の都民のモチベーションは上がりようがない。ちなみに、23日、小池ゆりこは8か所、増田寛也は11か所をも回る予定だ。

 泡沫化を恐れて必死に選挙区を回る増田を見ていると、そもそも鳥越に勝つ意思があるのか、問いかけたくなるほどだ。鳥越は前述の22日の有楽町で、「平和と憲法を守る」「核のない社会を東京から実現していく」「反安倍の旗を立てる」と、相変わらずベクトルのずれた演説をしている。あたかも、対決相手が小池、増田ではなく、安倍総理だと言わんばかりのズレようだ。

 昨日、最も厳密だと私が思っている時事通信の世論調査が発表されたが、安倍政権は前月比としては微増ながらも、47.4%と、相変わらず高い支持率を維持している。民進党の7.1%も、前月から0.8ポイント上げた数字だが、自民党は4.5ポイントも上げて29.2%。両社の差は歴然としている。支持率が5割近い首相に戦いを挑んで負けたのが、参院選の民共合作だったが、何の反省もなしに都知事選に打って出たのが相も変らぬ民共であり、鳥越である。

 日本の人事部というサイトに鳥越のインタビューが掲載されている。

日本と違ってアメリカには、「正直であることが得だ」という考え方、文化が根底にありますね。企業が不祥事に気づくと、やっぱり負の情報を何とか隠そうとしますが、最後には正直に全部言うんですよ。前大統領のクリントンさんだって、自分のセックススキャンダルを国民に向けてすべて告白したでしょう。僕ならとても耐えられないことですが(笑)、それを敢えてやる勇気と正直さがある。その姿を見て国民はクリントンさんを見直したはずですよ。


 見直してほしいなら、鳥越自身もすべてを告白したらいかがか。それとも、やっぱり「僕には耐えられないこと」なのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/07/23 07:31 ] 政治 | TB(0) | CM(17)
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ