FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年07月17日

鳥越俊太郎、候補者討論番組出演をドタキャン ~ 政策を語れない都知事候補

← 応援クリック、ありがとうございます。

 来る都知事選の情勢は、鳥越リードで、その鳥越を追う二番手が増田、その増田を僅差で追うのが小池という構図だそうだ。政策云々ではなく、各候補のイメージを反映した情勢だろう。もともと東京都は出生率は低くないと発言していたにもかかわらず、「出生率が低いからがん検診100%」と意味不明な政策を掲げる鳥越のイメージは、今が頂点で、今後、バケの皮が剥がれるにつれて低下していくものと思われる。

 その鳥越は、今朝のフジテレビ系「報道2001」で予定されていた、増田、小池との都知事選候補者同士の討論をドタキャンしたそうだ。候補者のひとりである増田が、「鳥越氏が出演を見合わせたことで中止になったと聞きました」とツイートしている。鳥越の街頭演説は、昨日土曜日は北千住と錦糸町、本日も町田と吉祥寺の2か所にとどまり、増田の8か所、小池の6か所と比較にならないほど少ない。

 なぜ少ないのか。TV討論をドタキャンしたことでもわかる通り、鳥越は政策を語ることができないからだろう。

鳥越俊太郎


 鳥越のサイトには一応の政策が掲げられているが、これは誰かの受け売りだろう。しかも、掲げていることは当たり障りのないことばかり。鳥越自身は反原発を煽りに煽った経緯があるが、再生可能エネルギー割合「8.7%から30%を目指す」とトーンダウンしている。本来であれば、東京都の原子力エネルギー依存はゼロにというのが「鳥越の筋」だろう。

 鳥越の報道2001ドタキャンの背景は、木曜日のプライムニュース出演が原因だと思われる。この番組で、外国人参政権について問われた鳥越、増田、小池の3氏は、以下のように答えている。

小池: 反対
増田: 東京都民の意見を聞く
鳥越: 10年以上居住しておれば無条件に認める


 これらの主張はネットで拡散され、鳥越の「10年以上で無条件にOK」に対する批判が高まっている。ある期間が経過すれば無条件に認めるということは、かねてから地方参政権を要求してきた民団の意向をそのまま受け入れることを意味し、金体制を盲目的に支持しながら国粋主義を教育する在日北朝鮮にも選挙権が与えられるということだ。憲法を守れと声高に主張してきた人物が、国民主権である参政権だけ踏み外すという矛盾は、鳥越の中でイデオロギーが政策より優先している実態を示したものだ。

 鳥越の報道2001出演のドタキャンは、こういう支離滅裂なことを言って支持率を下げるより、語らない方がマシという判断によるものだと思われる。こういう候補者を胸を張って「都政を任せられる人物」として出した民進党には、恥を知れと言いたい。

 鳥越の都知事選スローガンは「あなたに都政を取り戻す」である。この「あなた」には、南北朝鮮や支那籍の日本在住者も含まれるという意味だ。これは都政の破壊である。東京都民は、この一点だけでも頭に入れて、投票先を熟慮願いたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/07/17 10:23 ] 政治 | TB(0) | CM(20)
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ