FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年07月07日

民進岡田は“チンピラ”まがいの因縁をつける前に、共産党の立憲主義の大矛盾を、共闘者として説明せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私には、民進党という政党が、南朝鮮そっくりに見える。要するにストーカーなのだ。南鮮は日本という敵を作り、その日本を叩くことで国内のストレスを解消し、一部偏狭な者たちは日の丸や日本の首相の顔写真を焼いたりする。一方、民進党の敵は自民党だ。この政党は、自民党という敵がいなければ息ができない。自民党を叩くことで自分たちの存在意義を証明しようとするが、彼らに主体性はなく、「じゃああんたは?」と問われれば、嘘八百の公約を並べて胸を張るという残念な状況だ。その発想と行動が瓜二つなのだ。

 昨日も今日も、そして明日も、民進党代表の岡田は、元気溌剌に安倍政権を批判する。最近のバージョンはこれである。

 岡田代表は、「選挙後に安倍総理は憲法9条の改正を行ってくる」という私の発言を、自民党の高村副総裁がデマだと言っていることに対して、「安倍総理がこの選挙の後、憲法9条の改正を手掛けることはないと断言するならばそう言えばいい。言えないなら発言の撤回を求める」と述べた。(民進党オフィシャルより)


岡田克也


 これは、「改憲勢力が3分の2を取れば、安倍晋三首相が憲法9条を改正する」などと訴える岡田の言葉を「デマの類い」と批判した、自民党高村副総裁のコメントに対する反論らしい。政治家なら、9条改正がとてつもないエネルギーを要する作業であることを知らないはずがない。高村副総裁は、おおさか維新は9条改正に時期尚早との考えを示し、公明党はもともと9条改正を是としないことをコメントしたうえで、この「デマの類い」という発言をしているのだが、常日頃政治を追っている人なら、そんなことは常識の範囲だ。だから、岡田の発言は「デマ」というのは正鵠を得ているのだ。

「安倍総理がこの選挙の後、憲法9条の改正を手掛けることはないと断言するならばそう言えばいい。言えないなら発言の撤回を求める」


 これもバカバカしい発言だ。そもそも、「デマの類い」の発言を求めるために、発言の主ではない安倍総理のコミットを求めること自体、ベクトルがずれまくっている。加えて、もともと自主憲法制定を綱領に掲げる自民党の最高責任者が、「9条には手を付けません」と約束するはずがない。岡田は、無理難題を押し付けて、対応しない自民党側を批判しているのだ。これはチンピラのやり口と五十歩百歩だ。

 岡田は、こうも語った。

 憲法9条の改正をやらないということがはっきりすれば、他の部分の憲法改正は出来ると思うのかとの問いに、「今の自民党の憲法改正草案をベースにしている限りはさまざまな問題がある。他はいいと言うつもりはない。安倍総理の立憲主義への考え方が間違っているということを説明すべきだ」と答えた。


 立憲主義ということばが野党とサヨクマスコミの間で流行しているが、こと岡田に関しては、自民党を批判する前に、共闘する共産党の立憲主義に対するスタンスを確認した方がいい。

 共産党志位は、はっきりと、「自衛隊は憲法違反」と言った。だが、その憲法違反の自衛隊を「使いたいときは使う」と言っているのだ。これが果たして立憲主義なのか。誰が見たって、共産党の「自衛隊違憲」と「自衛隊活用」の大矛盾は、立憲主義として破綻している。この破綻した論理を抱える共産党と共闘するとした、代表としての岡田の責任こそ、重大ではないのか。

 岡田は、立憲主義において安倍政権を批判するのであれば、まず身内である共産党の憲法スタンスを踏まえ、共闘の釈明を語るべきである。民進党は、チンピラまがいの因縁をつける前に、まずは公党としての立脚点を説明せよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/07/07 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(25)
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ