FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年07月04日

安倍批判のためなら善悪の判断も放棄する愚か者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

  バングラデシュの首都ダッカで起きたレストラン襲撃事件で、7名の日本人が亡くなった。渡航自粛の都市へ出かけて行って拉致されるジャーナリストは居たが、一般の企業人がターゲットとなったのは、アルジェリア人質事件以来、3年ぶりだろう。亡くなった方々は、現地のインフラプロジェクトに参加していたというから、このテロに対する怒りは収まりようがない。

 昨日も書いたが、民進党代表の岡田は、この卑劣なテロを政治利用し、政権批判を展開した。こういう馬鹿はそうそうないだろうと思っていたが、野党各党は足並みをそろえ、安倍官邸の対応に対する批判を展開した。

民進党・江田
「『首相がいるからいいだろう』と言いだしたら官房長官は要らない。極めて異例な行動を選挙のために取っている」

民進党・枝野
「こうした状況で、情報の結節点としての官房長官は、余人をもって代え難い立場だ」

民進党・蓮舫
「被害者に日本人がいると分かっていたのに、新潟県に行った。国民の命を守ると首相官邸が態度を示さなければいけないの に、危機感が足りない」

共産党・志位
「危機管理の責任者が官邸を離れるのは非常に重大な問題だ。人命優先と言いながら選挙優先だ」


蓮舫


 そもそも、日本のどこかで起きた事件なら話は別だが、海外で起きた事件で日本政府が取れる対応は限られている。安倍総理はハシナ首相と電話で会談し、「日本人の人命最優先で事件の対処に当たっていただきたい」と要請しているが、事件を解決する手段は日本政府にはない。連絡を取り合い、入手した情報を共有・分析するくらいが関の山で、「待ち」なのである。

 危機管理に関する具体案を提示するならまだ良し、岡田の方が遊説を取り止め、官邸に乗り込んで尻をたたくならもっと良し。しかし、口から出てくる言葉が相変わらずの政権批判だから、政治利用と言われるのだ。

 こういう輩は市井の庶民にも多い。例えば、邦人人質殺害事件の後にISILから出された日本政府への警告文に対し、安倍総理が「日本人にはこれから先、指一本触れさせない決意と覚悟でしっかりと事に当たる」と述べたことに対し、約束違反だの詐欺だの批判する愚か者たちが少なくないようだ。発言は故鳩山邦夫氏が会長を務めた「きさらぎ会」でのものだから、オフィシャルな発言でもない。仮にオフィシャルな発言だとしても、この言葉を用いて安倍総理を批判するなら、それはテロリストの側に与するもので、かつ、テロリストの幇助をしているようなものだ。そもそも、テロリストから脅されて、何も返さない首相を望むのか?

 安倍憎しが為せる批判なのだろうが、こういう言葉尻を捕まえて政治家を批判するなら、当たり障りのないことしか言わない政治家を増やすだけである。テロリストから脅され、何も返さない首相を望むなら、それは日本や日本人をもっとテロの標的にしやすくする、本末転倒な行為である。そしてそれは、反安倍や反自民というイデオロギーのために善悪の判別すら放棄してしまう愚行でもある。

 「日本人には指一本触れさせないと言ったじゃないか」と訴える愚か者たちは、日本国民全員のパスポートを政府の管理下に置くことを望むのか。もしそんなことをされたら、一番に騒ぐのは彼らだろう。真に愚かなのは、死者を悼むことを忘れ、テロを反射的にイデオロギーに直結させる彼らである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/07/04 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(19)
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ