FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年06月24日

公器というより凶器 ~ 安倍総理を貶めようとした、報ステの悪辣な仕込み

← 応援クリック、ありがとうございます。

 放送局が、参院選に向けて党首討論を企画し、放送している。その中で、テレビ朝日の報道ステーションの悪意に満ちた企てが酷い。「安倍の葬式はうちで出す」と発言したのが、元朝日新聞の故若宮啓文だが、その安倍総理の葬式を、本気で出そうとしているかのよう。まさに公の電波を使った嫌がらせと印象操作だ。テレビ朝日は本当に腐っている。

 まずは、朝日新聞が掲載した、その「事態」を伝える記事だ。

安倍首相「ちょっとフェアじゃない」 番組収録で抗議(朝日新聞)

 安倍晋三首相が21日、テレビ朝日「報道ステーション」の収録後、終了時刻が予定の午後6時より約1分過ぎたことに腹を立て、司会者に「6時までと言ったじゃない。時間を守ってもらわないと困る。飛行機の時間があるんだから」と詰め寄る場面があった。

 与野党9党の党首討論の収録だった。最終盤で司会者が「テレビでの党首討論が今週で最後。首相の都合もあると聞いているが」と質問。首相は「菅政権の時、党首討論は4回。今度は5回」と反論した。

 この時点で収録終了予定の午後6時になったが、司会者は民進党の岡田克也代表に発言を促した。すると、首相は「6時に出ないといけない。飛行機の問題があるから。ちょっとフェアじゃない」と抗議した。

 収録は約1分後に終わったが、首相は声を荒らげてさらに激しく抗議を続けた。首相は同日夜、飛行機で大分に向かった。


 毎日新聞も、社説で援護射撃した。

 21日のテレビ朝日の党首討論番組では、司会者が終了間際、再度討論するために安倍首相に再出演を要請したところ、首相は「菅直人政権の時(2010年の参院選)より回数が多い」などを理由に断った。

 これに対して民進党など野党4党は既に先週、公示後も党首討論会を積極的に開催するよう自民党に求めている。公示後の番組が減ったのは自民党の意向だというのが野党側の主張だ。


報ステ 党首討論


 朝日や毎日の記事を読むだけでは、ただ単に安倍総理が番組に対してキレて、居丈高に文句を言ったような印象を受ける。しかし、安倍総理の抗議は、テレ朝の「悪意ある仕込み」によって、仕向けられたものだったのだ。以下は、安倍総理のフェイスブックに掲載されている、秘書の投稿だ。

…秘書です。

皆様からご心配やご質問を数多く頂戴し、某党の党首の方が「相当文句を言っていた。あれが首相の姿かと思うとがくぜんとする」などと述べられている「報道ステーションにおける党首討論」の件に関しまして、一言申し上げます。

報道ステーションの対応にはあきれました。まず時間を守らない。昨日(21日)は「大分へのフライトの関係で18時終了を厳守して欲しい。」と出演交渉をしたところ、テレビ朝日側が「18時の終了を厳守するのでやりたい。」との収録時間の厳守を条件に了解しました。
にも関わらずこちらが席を立たなければならない事をわかっていて18時を過ぎてから質問を投げかけ、あたかもこちらが打ち切った様な印象を与える演出は卑怯です。
国会では総理が1分遅れても陳謝或いは散会になります。
みんなの大切な時間は守る事は社会人なら当たり前でしょう。
安倍さんが「時間だから」と言うまで延々とやるつもりだったのでしょうか。
そして民主党政権時の参議院選挙では菅首相(当時)はテレビ朝日の番組への出演を拒否していますので、テレビ朝日では党首討論は行われていません。
その事は伏せて「安倍総理の都合で報道ステーションでは選挙前に一回しか行われていない、もう一回」と言うのは実にアンフェアです。
菅政権の時はテレビ朝日では0回、テレビ党首討論は4回。
対して今回行われる党首討論は先日行われたニコニコ動画を入れれば実に6回です。
その現実も伏せて安倍総理は党首討論から逃げていると印象操作はフェアではありません。
そして「何故この時期に設定したのか?」とのご質問ですが、期日前投票の利用する方々は現在有権者全体の25%にも及びます。
その利用者の方々が投票する前に各党の考え方を理解してもらう党首討論の開催を早く設定するのは世の流れとして当然と言えるでしょう。

《秘書アップ》


 テレビ番組の構成は、タイムキーパーも携わるほど、時間には厳密だ。「18時を厳守」という事前の約束があれば、番組はその前提で構成されるのが当たり前である。だが、司会者は、安倍総理が18時までしか同席できないことをわかっていつつ、質問をぶつけた。要するに、司会者と番組ディレクターは「安倍総理は18時まで」という前提を知っていて、わざと18時オーバーの状況を作り出し、「安倍総理が逃げた」ような印象をテレビ画面に映し出すことを目的としていたのではないか。

 悪辣な仕込み以外、なにものでもない。テレ朝は、椿事件などでは全く懲りていない。彼らにとって、党首討論の内容など、どうでもよかったのだろう。ただ単に、安倍政権を貶めるという目的だけの番組作りだったのではないかとさえ思える。常に偏向する報ステだが、人を貶める仕込みまでして番組作りをするとなると、これは公器というより凶器だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/24 07:12 ] メディア | TB(0) | CM(17)
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ