FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年06月16日
月別アーカイブ  [ 2016年06月 ] 

舛添が辞職。今度は民進党に引導を!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、舛添東京都知事が辞職を申し出た。散々足掻いた挙句の辞任劇。初動対応のミスが、自らの首を絞めた展開である。もともとは猪瀬直樹氏の辞任で、「東京オリンピックの顔」となる都知事の座を射止めた舛添だったが、オリンピックへの執着も、驚異の粘り腰も、都議会全会派に不信任を突きつけられる状況になれば、手放さざるを得ない。これほどまでにダーティーなイメージがついてしまえば、タレントとしての復活も困難で、教鞭をとる場を与える大学もないだろう。哀れなものである。

舛添


 自民党にとって、程度問題はあるにせよ、参院選への影響は少なからずあるはずだ。自民党は、「公約に政治資金規正法の改革を加える」ぐらいのことを率先して言うべきだ。世論を甘く見てはいけない。負のイメージは、ひとたび連鎖を始めてしまったら、止めることはできないのだ。

 一方で、一貫して国民をなめ切ってきた民進党が、参院選に向けた政策集を発表している。負のイメージの払拭を目論んだのか、今回「マニフェスト」という呼称は消え、「国民との約束」という新たな呼称を使用した。

民進党 国民との約束2016
(クリックでPDFが開きます。)


 ざっと中身を確認してみたのだが、相変わらず理想論のオンパレードといった内容だ。骨格は、「経済と暮らしの立て直します」と「憲法の平和主義を守ります」のようだが、民主党政権時に、経済面で何もできないどころか、経済をただただ悪化させた民進党が何を言っても、説得力を持ちえない。「人への投資」「働き方革命」「成長戦略」などと耳障りの良いフレーズが並んでいるが、どれも“今の経済状況”に対する即効性に欠けるものばかりだ。要するに、彼らにとって、現下の経済状況はアベノミクスの失敗によるものという勝手な前提があるわけだ。なんでも人のせいにする政党らしさが滲み出ている。

 「保育園・幼稚園で働く人の月給を5万円引き上げます」「返済不要の給付型奨学金を創設します」「誰もが時給1,000円以上を実現します」「年金をかさ上げし、受給資格を拡大します」などは、2009年のマニフェスト時代と比べても、ほとんど成長がない。「ふーん。で、どうやってやるの?財源あるの?」である。

minshin-manifesto2016_2.jpg


 ひと通り読んでみても、この民進党の政策集からは、彼らが「日本をどんな国にしたいのか」という、“国家観”のようなものが全く感じられない。ただ、例外がふたつある。ひとつは、「選択すれば夫婦が違う姓を持てるようにします」という夫婦別姓政策、もうひとつは憲法だ。10章目に「憲法の平和主義を守る」という項目がある。そこで彼らが重点政策と上げるのが、下記3つだ。

1. 昨年成立した安全保障法制を白紙化します
現政権は意図的・便宜的に憲法解釈を変更し、あいまいな要件で集団的自衛権の行使を認めました。このことは、憲法で国民が国家権力の行き過ぎに歯止めをかける立憲主義と、憲法9条の平和主義を揺るがすものです。絶対に認められません。昨年成立した安保法制の白紙撤回を求めます。

2. 平和主義を脅かす憲法9条の改正に反対します
海外の紛争に武力をもって介入しない、それが憲法9条の平和主義の根幹です。自民党の憲法改正草案のように9条を変えて、制約のない集団的自衛権の行使を憲法上認めることは許されません。平和主義を断固として守ります。

3. 未来志向の憲法を国民とともに構想します
現行憲法の「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の理念は、戦後70年間にわたり国民が大切に育んできたものであり、堅持しなければなりません。このことを前提として、「新しい人権」や「統治機構改革」など時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想します。

民進党 国民との約束2016


 集団的自衛権の行使容認を無効化しつつ、憲法9条は断固守るということだが、支那の艦船が我が海域に不法侵入するご時世に、「9条守れ、集団的自衛権はダメ」というだけで我が国の平和が守れるなら、安倍政権は世論に見放され、とっくに退陣しているはずだ。民進党の憲法・安全保障は、憲法と心中する気概を持ち、日米同盟の弱体化によって、支那に与えるための「付け入る隙」を、徐々に拡大して行こうというもの。まさしく、鳩山ルーピー政権そのものだ。

 こういう政党の議員たちを雇うことこそ、国民にとって税金の無駄である。舛添は退いた。今度は民進党を退ける選挙にしたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/16 07:14 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ