FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年06月10日

仙台市は日本の都市ではないのか? ~ 仙台市による神社への日の丸禁止令

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日の丸を尊重するだけで右翼呼ばわりされる時代はもう終わったかと思っていたが、そうではないようだ。日の丸に反対する勢力がサヨク系の市民団体ならいざ知らず、行政の側が日の丸を排除しようとするのだから、根が深いと言わざるを得ない。このエントリーで取り上げるのは、宮城県仙台市だ。

 豊受真報さんというサイトに掲載された情報によれば、仙台市が今年より、伊達政宗を祭神とする青葉神社に対し、伊達政宗の旗印でもある日の丸をモチーフとしたデザインののぼりを掲揚しないよう強要し、青葉神社もそれを受け容れざるを得ない事態になっているという。仙台市が禁止令を出したのは、東日本大震災の後に青葉神社が公式に採用した、日の丸に金の龍が「和」の文字を描く、「和龍」という名称のデザインである。仙台市はこの和龍に対して、「和龍は伊達政宗の歴史と無関係だから」という理由で、今後神社の境内や仙台青葉まつりで掲揚した場合、青葉神社神輿への補助を打ち切るという要求を強行したという。

和龍
和龍

豊受真報さんより


 豊受真報さんの告発ページでは、至極妥当な反論が為されている。

しかし、伊達政宗の旗印は日の丸であり、和龍が伊達政宗の旗印である日の丸をモチーフしたものであることは周知である。そもそも神道と日の丸は古代から不可分の関係にあり、「国旗」として制定された幕末明治期よりもはるかに古い。そのため、仙台市が日の丸の和龍を「伊達政宗と関係ない」とすることは、あまりに常軌を逸している。

実は、昨年2015年の仙台青葉まつりでも、最初に青葉まつり実行委員会が、次いで仙台市が、和龍ののぼりを右翼的だとするクレームが1件入ったために掲揚を見合わせて欲しいという要望があった。また、青葉神社神輿は和龍以前より、日の丸ののぼりを掲揚するのが慣例だったが、青葉神社神輿の行列に参加する学校児童に悪影響を与えるなどのクレームが時折あったらしい。つまるところ、「日の丸を掲揚してほしくない」というのが、仙台市の本音であることが分かる。


 仙台市といえば、ソチ五輪で金メダルを取って街宣した羽生結弦選手の地元パレードで、意図的に日の丸を排除したことで話題となった街である。ソチで日の丸を掲揚させた羽生選手の街宣パレードで日の丸がひとつも振られないという信じ難い事態を憂慮した和田政宗参議院議員(日本のこころ)と市議らによって、日の丸は調達され、沿道にはためく日の丸で羽生選手を迎えることができたのだ。仙台市はこの際も、何もしなかった。

 そもそも国旗とは、市民団体がひとつクレームが入ったぐらいで排除される存在ではない。そこに、行政側の明らかな意図がなければ、羽生選手の街宣パレードで排除されそうになったり、神社が復興と世界平和を祈念して制作した意匠を「補助を打ち切る」という理由で恫喝されることは起こらないはずだ。

 現仙台市長は奥山恵美子という人物だ。仙台といえば、被災地・東北の子どもたちのためという大義名分で、支那からパンダを貸与してもらおうと画策している都市。奥山は、パンダ欲しさから、犠牲者慰霊のために来日したダライ・ラマ14世の面会を断ったとされる人物である。朝鮮学校の支援にも積極的で、市税から朝鮮学校に援助金を拠出し、住民監査請求を喰らっている過去もある。そもそも、日の丸排除という愚策が、市長の判断抜きで実行されるものか?この女性市長の思想がその愚行の底流にあることを疑わずにはいられない。

奥山恵美子
奥山恵美子


 仙台は日本の都市ではないのか?日の丸は、仙台市ができる遥か前、奥山某が生まれる遥か前から、日本国の象徴である。仙台市の愚行は、国旗に対する冒涜であり、看過することはできない。中国軍艦の尖閣航行が批判の対象となっているが、敵は国内にも存在する事実を、片時も忘れてはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/10 07:15 ] 社会問題 | TB(0) | CM(26)
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ