FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年06月09日

「愛国心は危険」という、日本国民をバカにした発想

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一水会といえば、1970年代初頭に結成された右翼団体である。Wikipediaには思想追及団体と記されているので、もともとはそういう志向の団体だったのかもしれない。だが、今は違う。現代表の木村三浩は、猪瀬前都知事と徳州会との5千万円の件で、500万円だけ受け取って後はベラベラ喋るという行為で評判を落とした。北朝鮮利権、ロシア利権とも密接で、ルーピー鳩山のブレーンを務め、極左の高野猛とともに、ルーピーのクリミア訪問に同行という話まであった。

 そして、一水会最高顧問の鈴木邦男は、右翼ということばとは裏腹に、最近はどんどん左に傾斜している。鈴木は辻元清美応援団の一人であり、現在は「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」、いわゆる「のりこえネット」の共同代表を務める。のりこえネットの共同代表には、上野千鶴子や宇都宮健児、雁屋哲、佐高信、辛淑玉、村山富市、和田春樹ら左重心タイプが名を連ねていることからして、現在の鈴木の思想は推して知るべしというところだ。

鈴木邦男と木村三浩とバカ
左から木村三浩、バカ、鈴木邦男


 その鈴木が、最近、愛国心に関する書籍を上梓したという。。「〈愛国心〉に気をつけろ!」というタイトルで、版元はかの岩波書店である。その書籍の紹介で、鈴木は、愛国心についてこんなことを語っている。

でも時々、懐かしく思うことがある。〈愛国心〉のもとに、人はすぐに熱くなり、エスカレートし、暴れる。そんな力をひめているのが〈愛国心〉だ。つまり、愛国心は素晴らしい、と同時に怖い面もある。それを知ってる僕が、その点はきちんと書くべきだろう。そう思ったのだ。人間をやさしくさせ、寛容にもするし、同時に暴走させ、過激な行為にも走らせる。そんな力を持ったのが〈愛国心〉だ。そのことは知る必要がある。いや、体験者として、書いておく義務があると思ったのだ。単純に、「俺こそ愛国者だ。俺に続け!」と絶叫する本を作ったら、売れる。しかし、たとえ売れなくてもいい。昔の暴力活動家の義務として、これは書いておく必要があると思ったのだ。そのあとで、読者が判断することだ。


 私は日本以外は米国に短期間(1年間)しか住んだ経験はないし、予想ではあるのだけれど、愛国というイシューがこれほど物議を醸すのは日本以外にないのではないかと思っている。生まれ育った国を愛するのは、その国の人々にとって至極当然の帰結で、ことさら教育するまでもないと思われる。もちろん、戦争ばかりしている米国のような国では、愛国を上意下達する必要に迫られることはあるにせよ、私が知った米国人らは、教師も学生も、ほとんど素直に星条旗に忠誠を誓っていた。

 鈴木は、「〈愛国心〉のもとに、人はすぐに熱くなり、エスカレートし、暴れる。そんな力をひめているのが〈愛国心〉だ」と説いている。愛国心は「危険なもの」であるから抑制すべきであるという趣旨と取れる。これは、戦後サヨクが永らく主張の根幹としている、「偏狭な愛国心によって日本は戦争に突入した」「愛国心を持つと、日本人はロクなことをしない」「だから愛国心など不要である」というテーゼと通ずるもので、思想を左側に売ったという解釈しか成立しない。

鈴木邦男とバカ2名
鈴木邦男とバカ2名


 愛国心というものは、押し付けられなくても自然と芽生えるものだと、私は考える。戦後、GHQと守旧メディア、日教組らのサヨクによって「愛国心=危険」という定義が一般化しているように扱われてきた。安倍総理が、第一次政権での教育基本法の改革に取り組み、現政権で道徳教育の見直し等を含めた愛国心の涵養に取り組む目的は、戦後民主主義にはびこった愛国心に対する偏見からの脱出であり、愛国心を過度に植え付けようという試みではない。むしろ、マイナスからニュートラルへの軌道修正であって、国民を右翼化するという批判こそ、「対安倍ヘイト」なのである。

 そもそも、「愛国心は危険」という発想は、「日本人が愛国心をコントロールできない民族だ」と言っているに等しく、単に国民をバカにしているだけだ。こういう発想が「国防軍はダメ」という主張に繋がるのだろうが、日本人とはそれほど愚かな人の集まりなのか。国民をバカにするのもいい加減にして欲しいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/06/09 07:16 ] 史観 | TB(0) | CM(29)
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ