FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年05月21日

新たな時間稼ぎ故に“時間の問題”となった、舛添要一の都知事辞任

← 応援クリック、ありがとうございます。

 舛添東京都知事が断末魔の状況だ。もともと都民の教育・福祉を蔑ろにしてごり押しした南朝鮮高校への都有地貸し出しでケチがつき、都市外交と称した外国への大名旅行で批判を浴び、湯河原公用車通い、美術品の購入やら、自分の冠がついた饅頭の大量購入やら、出るわ出るわ。政党交付金の処理も含め、公金の私的流用となれば、世間の批判は辛辣にならざるを得ない。

 前回の会見での釈明以降、「20日に会見やりますから」と、延長戦に突入していた舛添公私混同疑惑だったが、舛添は昨日の会見で、見事な肩透かしを食らわせた。最早代名詞となりつつある「精査」に加え、今度は「第三者」という新キーワードも飛び出し、舛添は2時間以上に及んだ会見をこのふたつ(および類語)で逃げとおした。なにひとつ事実を明らかにしなかったのだ。

「第三者の弁護士に厳しい目で調査してもらう」 舛添知事、会見で繰り返す 知事続投に意欲 (産経)

 政治資金の「公私混同」疑惑に揺れる東京都の舛添要一知事の定例会見が20日、都庁で開かれ、一連の疑惑について「ご迷惑、ご心配をかけた」と謝罪した上で、第三者の政治資金規正法に詳しい複数の弁護士に調査を依頼し、早急に調査結果を出す考えを示した。

 会見では、報道陣から、政治資金で支払った、千葉県のホテルでの宿泊費や、インターネットオークションで購入した美術品についてなどの質問が相次いだが、舛添氏はいずれの質問に関しても、「第三者の弁護士に厳しい目で調査してもらう」との回答を繰り返した。

舛添要一


 弁護士の調査の結果、政治資金の問題があるとされた場合の進退について質問が及ぶと、舛添氏は「まずはしっかりと厳しい第三者の公正な目で見ていただいて、結果が公表される。そのときに同時に極めて公正な目でのご指示があると思う。それを受けて指示に従いたいと思っている」と述べた。

 その上で「しかし、今のところは全身全霊を傾けて仕事し、都民のために信頼を回復したいその一念です」と続投に意欲を示した。

 都庁の会見場は、新聞、テレビのほか、ネットメディア、雑誌など多数の記者やカメラマンで通路まで埋め尽くされた。舛添氏が頭を下げる度に一斉にフラッシュがたかれた。


 舛添がいくら全身全霊を傾けて仕事をしても、もはや都民の信頼を回復することは困難だろう。前東京都知事の猪瀬氏は、徳洲会グループからの不透明な借入金問題を追及され、任期1年余りで辞任した。前都知事が政治とカネの問題で辞任した以上、引き継ぐ都知事は金にクリーンであることが前提になっていたはずなのだが、蓋を開ければ、黒いというよりセコい資金運用で、金額の多寡を除けば、疑惑の数で猪瀬氏を完全に凌駕するほどだ。

 舛添は「第三者の弁護士に厳しい目で調査してもらう」というセリフを繰り返し、数々の疑惑についての回答を避けた。弁護士は自分で雇うのだろうから、その弁護士を客観的な第三者と定義するには無理がある。舛添は既にダメージコントロールのプロセスに入っており、本心を忖度すれば、「傷を負うのは致し方ない。傷をどれだけ浅く留めておけるかがポイント」という算段なのだろうと思う。

 しかし、傷は既に深すぎるところまで達している。2時間15分に及んだといわれる昨日の会見で、問題を更なる延長戦に突入させたために、「正直に答えない不誠実な舛添」というイメージが定着し、疑惑は更に掘り起こされ、新たな疑惑がすっぱ抜かれる可能性だってある。

 辞任は不可避だろう。一時は総理候補とまで言われた元自民党の政治家が、自民党の旗色が悪くなったら足で砂をかけて党を去り、その自民党を利用して都知事になったはいいものの、完全なる自滅である。自民党には猛省を促したい。そして、厳しい身体検査を突破した「勝てる候補」を、今から探してもらいたいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/05/21 07:41 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ