FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年04月22日

酔っぱらいのような呟きで炎上するみのもんた ~ 「自衛隊きちんとして欲しい」ってなんだ?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「安倍政権はバカ発見器」であると説いたのは、産経新聞の政治部編集委員、阿比留瑠比氏である。「今まで本心を隠してきて普通のふりをしてきたバカたちが、どんどんカミングアウトとしている」と政府高官相手に言ってみたそうだが、その政府高官は苦笑いして答えなかったと言うが、このバカ発見器論はなかなかの説得力を持っている。

 安倍政権がバカ発見器なら、震災も同じくバカ発見器である。「熊本にオスプレイを飛ばすな」と、共産党機関紙と同じ論理で政府を批判する、民進党の原口一博もその一人だ。また、国会で大暴れしているおおさか維新の会の足立康史氏は、震災における民進党の対応を歯に衣着せぬ論調で批判し、「何もやっていないのは民進党だけだ。民進党は何をやっているか。足を引っ張っているんですよ、足を。ふざけるなよ、お前らホンマに」とバカの炙り出し役を買って出ている。

 もうひとり、象徴的なのがみのもんただ。現在、絶賛炎上中である。原因はこのツイートだ。

みのもんた


 古館伊知郎がプロレスやF1のアナウンスでは絶品だったように、みのもんたも「プロ野球の好プレー珍プレー」のアテレコでは唯一無二の存在感だった。だが、古館同様に、政治に対する思想や信条を語りだしたとき、過去の光は消え、残念さばかりが残るようになる。そもそも、朝番組でかなり左傾斜した持論を垂れ流していたこともあったが、2年ほど前、「米軍は日本が金で雇ったボディーガードだから、集団的自衛権で、ガードする相手(日本)に「手伝え」って言うのはワガママだ」という趣旨の内容を発したとき、「やっぱりダメな人…」という印象を強く持った。

 このブログを書いている段階では、みののツイートはまだ2件。しかし、2つのツイートで炎上まで持っていくとは、なかなかのヒット率だ。最初のツイートが「早く飲みたいね!打ち上げまであと何時間?」というものだったから、炎上ツイートも深く考えずに発信したのだろう。

 発言が軽すぎる。支援が甘い、自衛隊はじきちんとしろなどと、自分は高みの見物を決め込みながら、発するのは単なるネガティブ評論だ。「俺なんか」という卑下した言い回しは、「俺みたいな者」というプライドの逆説的表現であろう。そもそも自衛隊に対する「きちんと」という要求自体が意味不明なのだが、みのが批判するその自衛隊は、その瞬間も、余震が続く危険な状況下で、懸命に行方不明者を探し、被災者に物資を届けている。懸命に“人の為に働く人たち”に対し、「きちんと」というのはあまりに無神経ではないか。

 震災から学んでいないのは、みのが属するマスメディアの方ではないのか。「みのこそ、息子の教育を“きちんとして欲しいね”」という皮肉がネット上に溢れているが、単なる酔っ払いの呟きのようなツイートを続けるようなら、再度の炎上は必至だ。もうちょっと「きちんと」考えてから発言して欲しいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/04/22 07:15 ] メディア | TB(0) | CM(27)
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ