FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年04月08日
月別アーカイブ  [ 2016年04月 ] 

視聴者の会の声明・提言書に逆ギレするTBS

← 応援クリック、ありがとうございます。

 すぎやまこういち氏、渡部昇一氏らが呼びかけ人を務める「放送法順守を求める視聴者の会」がTBSを対象として出した声明と公開質問状に対し、TBSが反論した。視聴者の会が出した声明文は「TBS社による重大かつ明白な放送法4条違反と思料される件に関する声明」というもので、末尾に「スポンサー企業への働きかけ」と題し、TBSが質問状に対して8日までに「誠意ある」回答を発出しなかった場合という条件付きながら、国民的なスポンサー運動の展開を検討せざるを得ないと宣言している。ここにTBSが反応した。

TBS


 TBSのプレスリリースは下記のとおりだ。

弊社スポンサーへの圧力を公言した団体の声明について


2016年4月6日
株式会社TBSテレビ


 弊社は、少数派を含めた多様な意見を紹介し、権力に行き過ぎがないかをチェックするという報道機関の使命を認識し、自律的に公平・公正な番組作りを行っております。放送法に違反しているとはまったく考えておりません。

 今般、「放送法遵守を求める視聴者の会」が見解の相違を理由に弊社番組のスポンサーに圧力をかけるなどと公言していることは、表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない行為であると言わざるを得ません。

 弊社は、今後も放送法を尊重し、国民の知る権利に応えるとともに、愛される番組作りに、一層努力を傾けて参ります。


 視聴者の会の声明・質問状では、TBSの放送を一定期間調査した緻密なデータをもとに、TBSの偏向を指摘している。そのデータに対する反論はない。恐らく、反論できないのだろう。理由は「偏っている」からだ。反論できないというより、反論する必要がないと思っているのかもしれない。彼らはもともと、番組の公正に政治的中立性などという概念を持っておらず、偏向が悪だとは思っていないのだ。

 私は最近よく耳にする「権力の監視という報道機関の使命」について、言葉通りに理解できないでいる。報道機関には、市井の民の手が届かない情報を、媒体(メディア)として伝える責任がある。その中には確かに、為政者に対する抑止力としてのファンクションもあるのだろう。だが、権力の監視は彼らが自任する使命であるだけで、全面的に国民から負託されたものではない。ましてや法で規定されたものではない。

 そういう意味において、彼らの言う「権力の監視という使命」は、法的根拠に基づいたものでもなんでもなく、むしろ彼らは放送法という法的根拠によって縛られる立場にあるのだ。最近よく立憲主義という言葉を声高に喚いている人たちがいるが、TBSも例外ではなく、その手の発言者を登場させている。為政者が立憲主義によって拘束されると主張するなら、放送局が放送法による拘束をスル―すること自体、ご都合主義以外の何物でもない。

放送法順守を求める視聴者の会
「放送法順守を求める視聴者の会」HPはこちら


 TBSの言う「少数派を含めた多様な意見を紹介」というのは嘘っぱちである。TBSは、視聴者の会の声明・質問状を「見解の相違を理由によるもの」だとすり替えているが、視聴者の会は客観的データをもとに質問したのであり、「見解」ではないのだ。

 TBSの体質は、どこかの国のそれと同じだ。強硬な態度で領土領海を侵し、それに対する批判が沸騰すると逆ギレし、「我が国が進める平和に対する重大な挑戦」と開き直る。視聴者の会がスポンサーへ提言書を送付し、スポンサーの社会的責任に関する注意喚起運動をすると言ったとたん、「表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない行為」と言うのだ。反応は、酷似というより、まるで一緒だ。

 民主主義の敵は、TBSのほうである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/04/08 07:13 ] メディア | TB(0) | CM(10)
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ