FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年03月21日

朝鮮学校の補助金、無償化を求める朝日新聞のズレた理想主義

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞が今朝の社説で、自民党から朝鮮学校への補助金打ち切りを求める声が出ていることを採り上げ、それを高校無償化における朝鮮学校の除外批判に発展させている。「北朝鮮の国に問題があるからといって、日本で暮らす子どもの学びの場に制裁を科すのは、お門違いの弱い者いじめだ」というのだ。

朝鮮学校補助 子どもらに責任はない (朝日新聞)

 朝鮮学校では、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者が運営にかかわっているケースは多い。だが、政治と教育は別だ。神奈川県の黒岩祐治知事は「子どもたちに罪はない」として、学校ではなく、生徒たち個人への補助を続けている。

 歴史観の違いはともかく、教育内容に問題があれば話し合いで解決すべきだ。実際、朝鮮学校の教育も変化してきている。

 在日コリアンの社会は多様化しており、多くの朝鮮学校で、韓国籍の子どもが過半数となりつつある。北朝鮮の体制を崇拝している人々の子どもだけが通うと考えるのは誤りだ。(抜粋)



(イメージ画像)


 在日朝鮮人の子どもたちには、授業料無償化の対象とされている日本の公立学校に通うことも認められている。そのような状況下で、それでも朝鮮学校に通うには、理由があるはずだ。在日の子供に対する差別という側面もあろうが、最も強い動機として、朝鮮人としての民族教育の必要性があるからだろう。

 授業料無償化、および補助金というのは、日本国民の税金によって賄われる。朝鮮学校にそれらが適用されるということは、国民の血税が、首領様への崇拝や、拉致事件の否定に使われるということを意味する。朝日は、朝鮮学校の運営に朝鮮総連の関係者がかかわっていることを認めながら、「政治と教育は別だ」と主張する。子どもをダシに使って総連の活動を認めよという意味と取れなくもない。

 朝鮮学校の教育方針は、平壌の指示に依存している。「教育内容の問題は話し合いで解決すべき」というのは、無償化の条件を平壌に認めさせろということになるのだが、朝日はそんなことが可能だと、本気で思っているのだろうか。拉致事件の扱いひとつとっても、これはひとつの空想的平和論であり、ズレた理想主義としか思えない。

 何より朝鮮学校の子どもたちも私たちの社会の一員だ。日本と隣国の懸け橋になりうる子どもたちを排除しようという思想であれば、逆に日本に反感を持つ人々を増やすだけである。


 朝鮮学校の生徒の過半数が南朝鮮籍の子どもになったところで、国籍が違う人を日本国民と同列に扱うこと自体が異常だと、私には思える。そもそも、国是とする反日教育によって支那や朝鮮半島で「日本に反感を持つ国民」が量産され続けてきた事実に、朝日は目を瞑るのか。

 朝日新聞は、差別と区別を取り違えている。日本国民とそれ以外の民は、その間に区別があって当然なのだ。何でもかんでも同列に並べ、同じ権利を与えるという発想自体が誤りである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/21 10:16 ] メディア | TB(0) | CM(7)
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ