FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年03月10日

国連は神か!? ~ 国連女子差別撤廃委員会による、皇室典範の改正を求める策動

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国連の女子差別撤廃委員会が慰安婦問題に関する日韓合意に干渉し、謝罪と国家賠償を要求し、また教科書に慰安婦の記述を含めろと要求したことは、昨日書き、そして批判した。これは同委員会の対日最終勧告に記載されたものだが、その最終勧告の案文には、日本の皇室典範の見直しを求める文章があったという。男系に限られた皇位継承が、女性差別であるというのである。

男系継承を「女性差別」と批判し、最終見解案に皇室典範改正を勧告 日本の抗議で削除したが… (産経)

 国連女子差別撤廃委員会が日本に関してまとめた最終見解案に皇位継承権が男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室典範の改正を求める勧告を盛り込んでいたことが8日、分かった。日本側は駐ジュネーブ代表部を通じて強く抗議し、削除を要請。7日に発表された最終見解からは皇室典範に関する記述は消えていた。

 日本側に提示された最終見解案は「委員会は既存の差別的な規定に関するこれまでの勧告に対応がされていないことを遺憾に思う」と前置きし、「特に懸念を有している」として「皇室典範に男系男子の皇族のみに皇位継承権が継承されるとの規定を有している」と挙げた。その上で、母方の系統に天皇を持つ女系の女子にも「皇位継承が可能となるよう皇室典範を改正すべきだ」と勧告していた。(以下略)


 結果的には日本側の抗議で最終勧告からは削除されたようだが、言語道断の所業だ。昨日書いた日韓合意への干渉も、慰安婦問題を教科書に載せよという要求も、基本的には日本の国家主権に対する侵害だ。国際紛争の解決なら国連の出る幕もあろうが、これでは国連が藪をつついて蛇を出すようなもの。紛争を仕掛けているようにしか思えない。

国連女子差別撤廃委員会、皇室典範の改正を要求


 報道によれば、皇室典範に関しては2月16日の対日審査だけでなく、日本政府が昨年9月に提出した報告でも触れていないという。出方があまりにも唐突だ。慰安婦問題に関する日韓合意への妨害なら、南鮮の挺対協あたりの働きかけがあったと見ても良いだろうが、皇室典範の改正要求となると、日本の反日サヨクの根回しがあったと考えるのが妥当だろう。

 いくら国連と言えども、主権国家が有する歴史や文化、伝統まで破壊する権限はない。皇室とは日本国有の文化、伝統、価値観であり、国体そのものだ。そこに土足で踏み入るような権限は、国連にはない。もし国連側がその権限を有するというなら、国連は自分らのことを、すべてを超越する神だとでも思っているのだろうか。越権行為も甚だしい。

 安保理を見ても分かる通り、国連は中立な組織ではない。先の大戦の戦勝国側が、自分たちの優位性を担保するヒエラルキーを勝手につくり、そこの他国を従属させるために作った組織 ―― いわゆる戦勝国同盟に過ぎないのだ。人権委や女子差別撤廃委も例外ではない。

 日本政府は、この策動に抗議するとともに、入れ知恵をしたであろう日本のサヨク団体にも目を配るべきである。慰安婦問題を国連に焚き付けたのも彼らだ。多額の拠出金を納めているにも関わらず、対日批判が絶えないのは、どう考えても割が合わない。
銃がない日本にとっては、国連への拠出金がひとつのカードとなる。それを最大限に活用し、一国の国体を破壊しようとする動きに抗うべきである。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/10 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(15)
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ