FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年03月06日
月別アーカイブ  [ 2016年03月 ] 

日本国憲法は朝日新聞のものではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私個人的には、いまの憲法というのは、国民ひとりひとりが国の在り方、特に安全保障に対し、考えることを放棄せよ謳っている文章の羅列に感じる。憲法前文で国家の生存を他国に依存するぞと言っているのだから、これは国の在り方として明らかに間違っている。そんな憲法を「一言一句変えるな」と言う政党やマスメディアがいまだに幅を利かせているのだから、日本は不思議な国である。

 朝日新聞が4日の社説「安倍首相へ あなたの憲法なのか」で、「私の在任中に成し遂げたいと考えている」など、改憲への動きに言及し始めた安倍総理に噛みついている。

「安倍首相へ あなたの憲法なのか」

 政治家だから、自らの政治目標を語ることは一般的にはあるだろう。しかし、憲法への首相の態度にはあべこべがある。

 ひとつは改憲の進め方だ。

 首相はまず3分の2の勢力を集めたいという。では憲法のどこをどう変えるのかと問われると、「各党が(案を)出して、(国会の)憲法審査会で議論していくことが求められている」と繰り返す。

 何でもいいから変えたい、やりやすいところからやりたい。こう言っているに等しい。(抜粋)


 まず、これは安倍総理個人へのネガキャンである。憲法改正を安倍総理の個人的な政治目標であるかのようにミスリードしているが、憲法改正を党是とする自民党が自主憲法草案を党として出している以上、これは安倍総理の個人的政治目標ではない。

朝日新聞


 朝日があべこべのひとつとする「各党が(案を)出して、(国会の)憲法審査会で議論していくことが求められている」というのは、改憲に対する国民的議論を深めようとする、ひとつの策であろうと思われる。「何でもいいから変えたい、やりやすいところからやりたい」というのは、朝日の恣意的な解釈に過ぎない。
 

一方、首相は改憲への意欲に比べ、憲法を守ることにはこだわりがないようだ。もうひとつのあべこべである。

 憲法を改正しなければ集団的自衛権の行使はできないとの歴代内閣の解釈を、内部の議論だけで覆してしまう。最高裁から定数配分を見直し、投票価値の平等を実現するよう繰り返し求められても、先送りを図る。

 最近は、高市総務相が放送法などをたてにテレビ局の電波停止の可能性に触れ、首相もこれを容認した。


 要するに、安倍総理は憲法を守らない、これがもうひとつのあべこべだと言いたいらしい。であるなら、自社のあべこべも同様に検証すべきではないか。戦力の不保持を謳う9条に対し、自衛隊の存在が認められている現状と、それを積極的か消極的かは別にして、とりあえず是とする自社のスタンスを、朝日はどう釈明するのか。護憲を標榜するなら、自衛隊も解体してしまえというのが正しい姿だろう。ここに、朝日のような護憲派のずるさがある。

 憲法改正は、国会が発議し、国民が判断するのだ。決して国会のものでもないし、ましてや安倍総理のものでもないことは自明である。朝日は、「安倍首相は憲法によって縛られる側にいる。憲法は、権力者たるあなたのものではない」と締めくくっているが、その論調に沿えば、「誰が首相になっても、憲法改正はダメ」ということになる。憲法は朝日新聞のものとでも言いたいのか?

 日本国憲法は朝日新聞のものではない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/06 08:52 ] メディア | TB(0) | CM(15)
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ