FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年03月05日
月別アーカイブ  [ 2016年03月 ] 

政治家に法律を守るなと要求する憲法学者たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主党主体のサヨク政権が保守派へ危機感をもたらし、その言論や行動を活発化させたように、保守政権はサヨクのあぶり出しに絶大な効果をもたらす。サヨクが騒げば騒ぐほど、彼らの空想的平和論や理想主義の非現実な部分を含め、ツッコミどころがふんだんに提供されるため、保守派にとっては格好の標的となる。皮肉なことに、同じ理由で、民主党政権時代はブログで書くネタに困ったことはなかった。

 高市総務相の発言を権力の濫用だと主張し、一強多弱状態からの巻き返しを図ろうとするのが野党だ。なりふり構わぬその姿勢に、またもや応援団が現れた。集団的自衛権の行使容認に際し、安倍総理に罵詈雑言を浴びせた憲法学者たちが、この高市発言も攻めどころと考えたのか、再び耳目を集めようと、記者会見を開いた。

「高市氏言及の停波は違憲」 憲法学者ら見解表明 (朝日)

 高市早苗総務相が放送法違反を理由に放送局へ「停波」を命じる可能性に言及したことについて、憲法学者らが2日、東京都内で記者会見し、「政治的公平」などを定めた放送法4条を根拠に処分を行うことは憲法違反にあたるとする見解を発表した。

 会見したのは樋口陽一・東大名誉教授(憲法)ら5人で、法学や政治学などの専門家でつくる「立憲デモクラシーの会」の会員。見解は「総務大臣に指揮命令される形で放送内容への介入が行われれば、放送事業者の表現活動が過度に萎縮しかねず、権限乱用のリスクも大きい」とし、漠然とした放送法4条の文言だけを根拠に処分することは「違憲との判断は免れがたい」と指摘している。


 樋口氏は「何人も自分自身がかかわっている事柄について裁判官になってはならないという、自由民主主義社会の基本原則が肝心な点だ」と述べ、政治的公平を政治家自身が判断することの問題点を指摘した。

 西谷修・立教大特任教授(哲学)は、「政府を批判することは偏向であり、政治的だとされる風潮が広がるなかでの大臣の発言。言論に携わる者は深刻に考えてほしい」と語った。(編集委員・豊秀一)(以下略)


 会見で全面に出たのは、樋口陽一、小森陽一、西谷修、千葉真、阪口正二郎ら学者連中だ。朝日は憲法学者らと書いているが、法学者は樋口と阪口のみで、小森は国文学、西谷はフランス哲学と、それぞれ専門は違う。いずれにしても、この面々、実に香ばしい。樋口、小森、西谷、千葉は、SEALDsのデモや集会に招かれ、スピーチで喝采を浴びたクチだ。要するに、彼らの立ち位置はニュートラルにはなりえない。

 記事中に記載された、 この学者連中が所属する「立憲デモクラシーの会」の代表は、小森と、あの 「安倍に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」で嘲笑を浴びた山口二郎である。「憲法守って国滅ぶ」という著書がありながら、180度ポジションを変えて護憲派に変わった小林節もいる。そして、習近平に「日本人はおかしい」「日本は変わった国」と言い放った丹羽宇一郎も所属している。こういう輩を仲間に入れることによって、団体のクオリティが下がることすら意識にないらしい。

 「何人も自分自身がかかわっている事柄について裁判官になってはならない」と言いながら、安倍政権がする事柄については、自分たちが裁判官になろうとしている。しかも、放送法を遵守すると言っただけの高市総務相に対し、法学者という立場で文句を言うのは如何なものか。法学者として、憲法と放送法に矛盾が生じている事態を認識しているのであれば、先ず主張すべきは法改正であるはずだ。批判のみで終わるのなら、法学者の肩書きを利用した単なる反政府運動としかとらえられない。

 高市総務相は、答弁で「私が在任中に(命令を)出すとは思えない」とまで言っている。法令順守を宣言しつつも、処分に関しては極めて抑制的なのだ。民主党時代に平岡総務副大臣が同じような答弁をしているが、その時にはこの学者らは抗議の声を上げたと言う話は寡聞にして知らない。つまり、SEALDsとの共闘等からみても、この学者らは単純に反安倍なだけなのである。

 学者なら、学者らしく、学術で勝負せよ。イデオロギーが学術を超えたなら、学者という肩書きは使うべきでない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/05 07:19 ] メディア | TB(0) | CM(17)
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ