FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年03月

朝日新聞の「憲法9条こそ、抑止と対話の均衡を保つための基盤」という妄想

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党が結党して以降、様々なメディアがこのなんちゃって新党に期待する否かの世論調査を実施しているが、テレ朝/報ステの調査でさえ、57%が「期待しない」と答えている。「期待する」と答えた人が3割近くいること自体が驚きなのだが、質問が参院選投票先になると、この3割が半減し、15.9%になる。ご祝儀相場にすらあやかれなかった状況で、みんなの党⇒結いの党からの滑り込み組のひとり、柿沢未途は、Facebookで「まぁ、みてろって」と書いている。

なぜ、自分の意見を部分的に押し殺して我慢してまで、そして専門家を自称するブロガーのたぐいの皆さんに揶揄冷笑されてまで、このようにして、私達は民進党に大同団結するのか。(中略)答えは一つだ。政権をどうしても取りたいからだ。(中略)
変わっていく、面白い、イノヴェーティヴな、それでいて大同団結した新しい党の姿を見せられるはずだ。だからまあ、見てろって。


 “専門家を自称するブロガーのたぐい”に拙ブログが入っているとは思わないが(専門家を自称したことがないのでww)、揶揄冷笑しているのはブロガーだけではない。ブロガーが揶揄しているだけなら、こんな低期待率/低支持率にはなるはずがないのだ。

 民主党が民進党になろうと、他の野党が加わろうと、彼らの安保法制に対するスタンスは変わらない。仙台で行われたSEADLsの街宣に、民進党の桜井充が「戦争を行う国にしてはいけない」と語ったというが、もともと左の政党が、反安倍という共通利益のもと、もっと左に傾斜したに過ぎない。「専守防衛に徹する」と綱領に書く彼らには、具体的な安全保障政策などないし、期待もできないのだ。

sealds0329.jpg
イメージ画像


 安保法制が施行された昨日、朝日新聞は社説でこう書いた。

安全保障法制の施行 「違憲」の法制、正す論戦を (朝日新聞)

 集団的自衛権を容認した眼目は、中国にいかに対抗し、抑止力を高めるかにある。(中略)
 問題は、そのために自衛隊の海外活動に一定の歯止めをかけてきた「9条の縛り」を緩めてしまったことだ。(中略)
 集団的自衛権の行使について、首相は「(日本が)主体的に判断する」と答弁したが、9条という防波堤が揺らぐ今、本当にできるのか。(中略)
 米国の軍事行動とは一線を画し、専守防衛を貫くことで軍拡競争を避ける。憲法9条の機能こそ、抑止と対話の均衡を保つための基盤となる。(以上抜粋)


 相変わらずの9条平和論。彼らの安保法制反対は、「9条の縛りが緩くなると戦争をする国になる」という短絡的な発想からくるものだろうが、9条があっても個別的自衛権があり、日本は既に戦争できる国であるのだ。それ以前に、戦争をするという愚かな選択をしたら、政権が持たない。この法制は、日本を取り巻く安全保障環境に有事が発生した場合、相互に協力し、防衛し合うということを意味している。間違っても、法制によって戦争を始めるわけではない。

 「専守防衛を貫くことで軍拡競争を避ける。憲法9条の機能こそ、抑止と対話の均衡を保つための基盤となる」という文章に至っては、支離滅裂の域を超えている。戦争をする国である支那が日本に対して軍事的なアクションを取ってきたとき、憲法9条の機能は支那を抑止できるのか。そもそも憲法9条に日本以外の国を制約する力はないのだから、「9条で抑止と対話の均衡を」と言ったところで、日本の手足を縛るだけだ。それを最も喜ぶのは、日本の集団的自衛権によって出方を再考せざるを得なくなる支那ではないのか。

 朝日新聞や民進党が是とする専守防衛で国と国民の命を守れるのであれば、誰も集団的自衛権など望まないだろう。民進党は「安全保障における現実主義」を標榜しているが、同列で「専守防衛」も謳っており、その現実主義はただの掛け声に過ぎず、有事の際には彼らは何の役にも立たない。朝日新聞は、9条に他国の戦争行為を抑止する力があるというなら、それを具体的かつ論理的に説明すべきだ。単なるカルト宗教の散布は社会にとって迷惑であり、支那のような国に利するだけである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/03/30 07:14 ] メディア | TB(0) | CM(13)
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ