FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年02月28日

「なんちゃって新党」 ~ ゴミはひとつにまとめたほうが掃除しやすい

← 応援クリック、ありがとうございます。

 あの朝日新聞でさえ、25日の社説で「具体的な理念や政策のなかで、これをどれだけ説得力を持って語れるかが問われる」と書いている。あの毎日新聞でさえ、24日の社説で「理念や政策の構築こそ優先すべきだ」と書いている。あの東京新聞でさえ、24日の社説で「問われるのは見た目でなく中身である」と書いている。左派メディアは盛んに「巨大与党への対立軸を」とエールを送っているのだが、理念や政策の一致という、政党の要件を満たせと説いている。

 しかし、肝心の本人たちは数集めに忙しすぎて、そんなことはどうでもよいようだ。民主党の岡田代表は、26日、松野頼久との共同会見において、自民党から批判が出ていることに対し、「野合で何が悪い」と開き直った。

両代表共同記者会見詳報 岡田氏「野合で何が悪い」 松野氏「政権交代へ第一歩」 (産経)

--自民党からは今回の合流について「何を目的にするものなのか」「看板の掛け替えではないか」という批判もある

岡田氏「いろいろな意見はあるだろう。野合批判もある。野合でなんで悪いんだという開き直りの気持ちもある。もちろんわれわれ、しっかりと大きな方向性でこれから綱領もつくっていく。理念・政策を一致させ、安倍政治に代わる新しい政治を行っていく。そういう新党だ」

松野氏「民主党の議員を中に入れる政党に野合といわれたくはない。あなたたちには言われたくないという気分だ。自公の連立はいったい何なんだという思い。どうぞご批判をしてくださいという思いだ」(以上、抜粋)


野合政党


 まず定義が違う。岡田は「新党」と息巻いているが、これは新党ではなく「旧党」だ。政治評論家の杉浦正章氏は、自身のブログのなかでこう斬った。

戦後の政党の離合集散史と比較しても、最も“野合色”の強い合流である。民主と維新両党が来月の合流を26日合意する。合流と言っても何の政策合意もなく、基本的には離党した民主党議員が復党するだけである。「新党」結成どころか「旧党」への復帰に過ぎない。民主党代表・岡田克也は「自民党に対抗できる民意の受け皿になる」と胸を張るが、駄目と駄目が合流しても駄目の二乗になるだけのことだ。これに生活、社民が加わっても駄目の4乗だ。維新代表・松野頼久はまずいご飯に乗せたまずい沢庵のようなもので頂けない。


 民主党と維新の党の合流ですら批判されるのに、これに小沢一郎が加われば、有権者の反応は岡田や松野にとって好ましいものにはなりえない。評論家の八幡和郎氏が小沢一郎の変節を時系列に並べているが、作っては壊しを繰り返すだけの政治家、いわゆる「壊し屋」の肩書は伊達じゃない。

①田中に可愛がられながら竹下の旗揚げに参加し(1985年)
②金丸側近でありながら最後は見捨て(1992年)
③離党して新生党をつくり(1993年)
④公明党や民主党を巻き込んだ新進党を発展させたが(1994年)
⑤これを解体し(1997年)
⑥自由党を結成して保保連合政権に参加したが(1998年)
⑦連立離脱を決めて反対した議員を保守党として切り離し(2000年)
⑧民主党へ合流(2002年)している。

小沢一郎


 オリーブの木を提唱しながら他の政党から見向きもされず、山本太郎のような極左を取り巻きに入れて露出を増やそうとしたが、その山本は暴走に暴走を重ねる。結局、政局的にはマイナスにしか働いていない。今回の民維合流に加わることは、生活の党という泡沫政党を救う最後の機会だろう。岡田や松野は野党結集を呼び掛けているが、小沢を加えるようなことがあれば、冷めた民意がさらに遠のく。逆に言えば、小沢が民維に抱き着いてくれれば、安倍政権の基盤はさらに盤石になると思われる。

 岡田や松野には、その「自民党に対抗できる民意の受け皿」とやらに精を出し、「なんちゃって新党」の“野合度”をさらに高めていってもらいたいものだ。ゴミは一つにまとまったほうが掃除が容易である。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/02/28 07:49 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ