FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年02月11日

対北朝鮮独自制裁に反対する山本太郎、注文をつける朝日新聞

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北朝鮮の核開発および核実験に断固抗議する形で、日本政府は独自制裁を発動する。再入国禁止の対象を核・ミサイル技術者に拡大したほか、全ての北朝鮮籍船舶の入港禁止などが柱となるが、北の出方を見て、さらなる制裁措置も検討するとのことだ。

 当然の措置だろう。そもそも、拉致事件の解決を促すために、何の結果も出ていない段階で制裁措置を緩和したこと自体、結果論としてだが間違っていたと言わざるを得ない。日本の独自制裁がどの程度のインパクトを持つかについては、「それほどの効果は期待できない」という悲観論を含め、諸説ある。だが、効果にかかわらず、日本として毅然とした態度を示すこと自体が重要で、曖昧な態度に終始すれば相手をつけあがらせるだけだ。

 先月の北による核実験を受け、国会では対北抗議決議を採択したが、この採択を棄権して話題を振りまいたのが山本太郎だ。「追加的制裁は相手の挑発に乗り、相手側の思惑にハマった事に等しい」というわけのわからない突飛な理由だったが、山本は、今回の独自制裁に関しても一貫して反意を示し、決議を棄権した。

世界と足並みを揃えて、制裁に踏み込む事は必要かも知れない。
が、衆議院の決議文にもない「我が国独自の制裁の徹底および強化」となれば、
国連安保理の制裁より、一歩も二歩も日本独自の制裁が前へ出る形になる。
挑発に対して、挑発で対抗すべきではない。
もし彼の国がこの先、暴発した場合、
まず標準を合わせる相手は制裁の先頭に立つ、日本になる可能性が高い。


舐められてたまるか!と言う感情も理解できない訳ではないが、
有事にターゲットとなり得る核施設(原発)が日本海側に沢山存在し、
再稼働まで行っている現実は無視できる話ではない。

どうしても勇ましい態度で臨む、と言うなら、
まず日本海側の原発の即時撤退を直ぐに始めなければならないのではないか?


 これが、山本がブログで明かした棄権の理由である。先月の棄権理由とほぼ同じ。要するに、日本が北朝鮮のターゲットになってしまうので、目立たないようにしておけということだ。ISILのテロのターゲットになる可能性があるため、IS包囲網に加わるなといった孤立主義を促す意見と、大差ない。

 北が暴発した際、真っ先にターゲットになるのは、南朝鮮だろう。それ以前に、北朝鮮は米国がわきに控える日本をターゲットにするような愚かな選択はしまい。ひとたび日本を攻撃すれば、待っているのは北朝鮮に対する殲滅だ。いくら愚かな指導者が軍を統帥していたとしても、このような自殺行為を行うとは思いづらい。

 棄権とまではいかないまでも、日本の対北独自制裁に注文を付けたのが朝日新聞だ。朝日は今朝の社説でこう説いている。

 ただ同時に留意すべきは、やみくもに圧力を加えるだけでは事態を改善できない現実だ。

 特に日韓は北朝鮮との間に個別の懸案を抱えているだけに、硬軟あわせた多様なカードを繰り出すことが求められる。(中略)

 一方、多くの在日朝鮮人には北朝鮮に暮らす家族や親類がいる。そうした人びとが苦痛を味わうだけの措置にならないよう慎重な考慮も要る。


 自らの意思で北に帰国せず、日本にとどまった在日朝鮮人の苦痛と、国家の安全保障や拉致事件は、同列で語るべきものではない。在日朝鮮人に配慮することで、国家としての抗議や制裁に加減を加えろという発想自体をみても、朝日のバランス感覚は理解不能だ。

 山本太郎にしろ、朝日新聞にしろ、平和ボケに脳を侵された者たちの発想とその流布は、平壌の思惑通りだろう。一体いつになったら現実を直視できるのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/02/11 08:32 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ