FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年01月27日

自称元慰安婦たちよ、不満があるなら青瓦台に言え

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「オール沖縄」を謳った翁長沖縄知事推薦の志村惠一郎候補が、自公推薦の佐喜眞淳氏に敗れた宜野湾市長選挙。「オール沖縄」のはずが完敗だった。菅官房長官が批判したように、もとはといえばこの「オール沖縄」という呼称がおかしい。「オール沖縄」とは、翁長が好んで使うフレーズだが、かくいう翁長自身の沖縄知事選での得票数は51.7%である。これでは、オール沖縄どころか「ハーフ沖縄」と呼んだ方が実態に則している。

 「オール沖縄」と似たり寄ったりなのが「オール南鮮」である。南鮮における日韓合意に対する評価は、調査会社で結果が異なるものの、評価と不評が拮抗しているようだ。それではなぜ朴槿恵および青瓦台が、合意事項の履行に苦慮しているのか。ひとつは自称慰安婦とその老婆たちを操る挺対協の声が異常にデカいことだろう。プロパガンダ合戦を主戦場とする挺対協は、ふたりの老婆を日本に送り込み、宣伝戦を展開している。

来日の元慰安婦、日韓合意に反対 (毎日新聞)

 元慰安婦の韓国人女性2人が26日、東京の衆院議員会館で記者会見し、慰安婦問題を巡る日韓両政府の合意について「被害者の意思も聞かずに妥結した」と批判し、改めて合意への反対を訴えた。

 2人は、ソウル近郊の施設「ナヌムの家」で暮らす李玉善(イオクソン)さん(88)と姜日出(カンイルチュル)さん(87)。昨年末の合意以降、元慰安婦が来日するのは初めて。

自称慰安婦、来日


 李さんは「一体被害者はどこにいたのか。正しい合意かどうか皆さん自身で考えてほしい」と語った。姜さんも「きちんとした謝罪を抜きにして合意は成り立たない」と不満を述べた。また、2人は安倍晋三首相が国民を代表して元慰安婦と面会し、直接謝罪してほしいと訴えた。

 昨年12月の日韓合意を巡っては、一部の元慰安婦らが強く反発。李さんらは会見で、韓国政府が設立した財団に日本政府が拠出する10億円の資金は「法的賠償とは受け止められない」とした。

 同席した「ナヌムの家」の安信権(アンシンクォン)所長は、合意が慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」とされたことを「加害者中心の用語であり、問題を早く終わらせたいという思いが込められている」と批判した。

 来月1日まで日本に滞在し、東京や大阪で講演するなどして合意への反対を訴えるという。【小泉大士】


 自称慰安婦のふたりが会見を開いたのは、衆院第一議員会館である。この場所を誰がセットしたのかは不明だが、日本側に力を持つ協力者がおり、特に記者が集まりそうな場所を選んだことは想像に難くない。

 慰安婦のひとりは、「誰が引き続き謝罪しなければならないのか」という記者の質問に対し、「(安倍晋三)総理がすべきだ。日本の責任者がきて自分たちに誤りを悔いれば、私たちも寛大に処理するはずなのに」と答えたという。しかし、この答えはヤブ蛇だった。産経・FNNの調査によれば、慰安婦問題が「再び日韓両国間の懸案になると思う」との回答が81.2%に達している。日本の圧倒的多数が、自称慰安婦なり挺対協なり、あるいは青瓦台なりが、この問題を「蒸し返す」と見切っている。日本の側には村山談話、河野談話という経験則があり、根本的に半島人を信用していないのだ。

 そもそも、「被害者の意思も聞かずに妥結した」との批判は、日本側に向けられるものではなく、朴槿恵と青瓦台に対して提起されるべき問題であり、日本で叫ばれても意味はない。「最終的かつ不可逆的な解決」を「加害者中心の用語」と取るなら、何故その用語の使用を南鮮政府が認めたのか、青瓦台に聞いた方が早いだろう。

 朴槿恵がこのような人々を「最終的かつ不可逆的な解決」で説得できるかどうか、先行きは極めて不透明である。よしんば朴槿恵が彼女らの反対論を押し切り、合意内容を履行できたとしても、自称元慰安婦や挺対協の声が止むことはあり得ない。ただ、その声を受け止めるべきは南鮮政府であり、日本政府ではない。日韓基本条約と請求権問題において、日本は彼らを甘やかし過ぎた。条約後の不平不満は青瓦台が処理するべきところ、日本政府は積極的か消極的かを問わず、その不満に対応した。今回の合意後、再び彼らを甘やかしてはいけないことを、歴史が教えてくれているのだ。

よくわかる慰安婦問題 (草思社文庫)
よくわかる慰安婦問題 (草思社文庫)



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/01/27 07:14 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ