FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年01月22日
月別アーカイブ  [ 2016年01月 ] 

過去に向かう南鮮と、未来に向かう日本

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍政権の支持率は、私が比較的信頼している時事通信の直近の調査で前月比4.0ポイント増の45.2%で、4カ月連続の上昇となった。朝日新聞の調査でさえ、前月比4.0ポイント増の42%であるから、昨年12月28日のいわゆる慰安婦に関する日韓合意は、支持率を下げるどころか、むしろ好感を持って受け入れられているようだ。

 一方、南朝鮮のプレシアンによると、朴政権の支持率は、前回調査より3ポイント下げて40%となり、逆に不支持率は7ポイントも上昇し、53%を記録した。不支持率が50%を超えたのは、昨年の南北朝鮮の準戦争状態を解除した「8.25南北合意」以来、初めてのことだそうである。同調査では、慰安婦合意に関して「よくやった」と評価した人は26%に過ぎず、56%は「間違いだった」と回答。日韓間の再交渉を促す声は58%にも達する。

nikkangoui.jpg


 日本では今や嫌韓の傾向が強いが、いわゆる慰安婦問題を正確に把握している者はそう多いとも思われず、日韓合意の問題点を正しく理解できていないから、安倍政権の支持率は落ちなかったのではないか。一方、南鮮では慰安婦問題で日本の謝罪と賠償を求めることを、ほぼ国家事業として教え、報道してきたから、反発が強いのは当然だ。朴槿恵は苦肉の策として、こんなことをやりだした。

韓国外交部、HPに「韓日慰安婦合意Q&A」説明資料掲載…13項目で構成 (中央日報)

 韓国外交部が韓日間の軍慰安婦合意について、Q&A形式の資料を作成しホームページに公開したことが20日、分かった。

 韓国外交部はホームページに「旧日本軍慰安婦問題に関する合意関連Q&A」というタイトルの資料を掲載し、合意で争点となった事案を合計13項目で整理し、質疑応答で説明している。

 韓国外交部が韓日間の慰安婦合意に関する説明資料を掲載したのは今回が初めてだ。韓国外交部は「旧日本軍慰安婦問題に関する合意関連Q&A」を通じ、在韓日本大使館前の少女像移転を条件に日本から10億円を受け取ることにしたという一部の主張について、全く事実ではないと伝えた。


 朴槿恵は、政権発足当時から、日本に対する強硬な姿勢を示し、南鮮族の期待値を上げ続けてきた。安倍総理が習近平と会談を持つなか、朴との首脳会談が行われてこなかったのは、ひとえに朴が「慰安婦問題の解決策を持ってこい。そしたら会ってやる」と、居丈高な要求をし続けてきたからだ。

 国民の期待値を煽るだけ煽り、日本から引き出せたのは10億と首相の謝罪だが、南鮮は今後、慰安婦、性奴隷等々の問題を蒸し返すことができず、たかりの元は絶たれた。自国民からエサを取り上げた朴が恨まれるのは当然だろう。

 日本にはやるべきことがある。日韓合意で地に落ちた先人の名誉回復だ。日本のこころを大切にする党の中山恭子代表が参院で素晴らしい質問を行い、安倍総理から性奴隷、20万人、強制連行という事柄の否定という言質を引き出した。日本がこれから向かうのは、未来に向かい、この日本の立場を国際社会に訴えていくことだ。

 ところが南鮮は違う。彼らは明らかに過去に向かっている。「強制はあった」「性奴隷にされた」などと、過去の“彼らがそう伝えられた事実”を確認することだけに固執し、合意事項の履行など、いまや風前の灯である。

 日本大使館前の慰安婦像の撤去は、日韓合意の前提ではないという説も確かにある。しかし、話がここまで膨らんだ以上、撤去を前提としない10億という税金の拠出は、日本国民が納得しない。朴槿恵と南鮮国民の混乱を、我々は高みの見物をしていればよい。実質的な相手は南鮮ではなく、国際社会だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/01/22 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ