FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年01月20日

サヨクがまたまた新団体 ~ 似たような雁首を揃え、対安倍ネガキャンを張っても、政権支持率は高止まり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 拙ブログが電波芸者と定義した香山リカ氏は、大変お忙しいようである。昨日19日、市民団体「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」という市民団体が結成されたが、香山もその委員会に参加している。ほかのメンバーは、SEALDsの奥田、弁護士の宇都宮、憲法学者の小林節など、お馴染みのメンバーである。彼らは一体、いくつ団体を作ったら気が済むのだろう。

「立憲政治を取り戻す」団体結成 200人が参加 (共同)

 安全保障関連法成立から4カ月の19日、同法を批判する憲法学者の樋口陽一東大名誉教授や小林節慶応大名誉教授らが国会内で記者会見し、市民団体「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」を結成したと発表した。

 委員会には、若者グループ「SEALDs(シールズ)」の奥田愛基さんや精神科医の香山リカさん、俳優の宝田明さん、弁護士の宇都宮健児さんら、幅広い層の約200人が参加。今後、定期的に会合を開いて意見交換した上で、会見などで情報発信していくという。

立憲政治を取り戻す国民運動委員会


 この日の会見では「安保法制の強行成立は立憲主義の否定であり、民主主義の暴走だ」とする声明を公表。樋口さんは「戦後、日本はわざわざ立憲主義という言葉を掲げなくても民主政治が続いてきた。それを今の安倍政権は正面から攻撃している。立憲政治を取り戻すのは、私たち国民の品性の問題だ」と訴えた。

 小林さんは「憲法をないがしろにする政治家を、主権者が自らの意思で落選させるまで活動を続けたい」と話した。

 ただ、今夏の参院選については「政治運動はしない」として、特定候補の応援はしないとしている。

 国会前では同法に反対する市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が集会を開き、「戦争反対」などと書かれたプラカードを掲げ「法廃止まで粘り強く闘おう」と声を上げた。民主党や共産党などの野党議員も参加し「参院選で安倍政権の暴走を止めないといけない」と呼び掛けた。


 東大名誉教授の樋口陽一は、「立憲政治を取り戻すのは、私たち国民の品性の問題」と言っている。では、安倍総理が集団的自衛権の行使容認を掲げて選挙を戦った際、現政権を支持した国民はすべて「品性がない」ということか。安倍政権の支持率は今も50%前後あるが、同じロジックでいえば、この回答者の半数も「品性がない」ということになるのだろう。

 小林節は、「憲法をないがしろにする政治家を、主権者が自らの意思で落選させるまで活動を続けたい」と言っている。小林は2年前まで「解釈改憲論者」だったが、この安保法制でいきなり変節した憲法学者として、広く知られるようになった。記事によれば、その小林が、この委員会は「政治運動はしない」と公言しているのだが、これもおかしな話だ。特定の政治家を当選させようという運動も政治活動であり、小林の言う「特定の政治家の落選運動」は等しく政治活動であるはずだ。たとえ、候補者を立てないとしても、である。一体、どう辻褄を合わせようというのだろう。

 一方、昨日の永田町では、福島瑞穂が安倍政権をまたナチス呼ばわりしていたようだ。新フレーズの「日本国憲法殺人事件」が出たかどうかは知らないが、やはり安倍政権に批判的なサヨクは、極端なレッテル貼りでイメージダウンを図るしか術がないようである。

 SEALDs奥田、香山リカなど、全く新鮮味のないいくつ顔を揃えても、有権者の興味は集められない。石田純一は空振りだったし、茂木健一郎は常軌を逸していた。宣伝文句にしても、戦争法、立憲主義、おまけに日本国憲法殺人事件と、ネガキャンに使えそうなキーワードをいくつ繰り出しても、安倍政権の支持率は一向に下落しない。そろそろサヨクも、もう少しマシな攻撃方法を考えてはどうだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ