FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2016年01月16日

TBS、視聴者に対し“宣戦布告” ~ 岸井成格、TBSとスペシャルコメンテーター専属契約

← 応援クリック、ありがとうございます。

 山梨の反日ガイコツが政界を引退する。輿石東79歳。かつて民主党に小沢一郎、鳩山由紀夫、菅直人が構成するトロイカ体制があったとき、小沢がプラス1として輿石を指名し、党運営に睨みをきかせる役割を担った。教育に関する政治の介入を是とし、日教組の政治への関与を強めた悪の根源で、輿石の「教育の政治的中立はありえない」とセリフは歴史的な暴言だ。

 暴言といえば、TBSのNews23のアンカーを務める岸井成格も引けを取らない。「メディアとして(安全保障関連法案の)廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」という発言が批判を浴び、先ごろ、同番組のアンカーを降りることが正式に発表された。しかし、公務員の天下りよろしく、TBSは逃げ道を確保していた。来る4月1日付で、岸井がTBSの「スペシャルコメンテーター」に就任するというのである。

岸井成格


 TBSによれば、このスペシャルコメンテーターとはTBSとの専属契約で、さまざまな報道・情報番組に出演し、ニュースについて解説や論評をする役割を担うとのことだ。悪名高い「サンデーモーニング」などに継続して出演し、選挙特番などにも幅広く出演。4月にリニューアルするNews23には、コメンテーターとして随時登場するそうだ。

 このTBSの判断と岸井の処遇を、同局の視聴者に対する宣戦布告と受け取って差し支えないだろう。TBSは岸井と言う存在を「これまでも多くの視聴者に受け入れられており定着している」と評価し、岸井本人は「報道の第一線で発信を続けていくことになった。その責任・使命の重さを自覚し、決意を新たにしていく」とコメントしている。まさに三文芝居。TBSと岸井の互助的シナリオは、件の問題発言以来、狡猾に用意されていたのだと思われる。

 まさしくTBSらしい判断と言える。TBSはサヨク路線の貫徹のために岸井を利用し、岸井自身はそのTBSのイデオロギーを散布するスプリンクラー役を買って出たということだ。放送法4条を無視した者たちが、徒党を組んで安倍政権に「憲法を守れ」と合唱する異様な風景が、引き続き一般家庭を汚染する。

 岸井発言を「放送法に対する重大な違反行為」と問題視し、局と岸井本人に公開質問状を出した「放送法遵守を求める視聴者の会」への、TBSの公式回答と見做すべきだ。第四の権力と言われるマスメディアは、視聴者の声など権力で捻じ伏せられると考えている。このTBSの偏向報道継続宣言に対し、視聴者はより大きな声を上げていくべきである。

放送法遵守を求める視聴者の会
Web署名はこちら
http://housouhou.wix.com/tvwatch#!blank/kc48i



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/01/16 10:39 ] メディア | TB(0) | CM(14)
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ