FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年12月28日

岸田外相訪韓 ~ 南鮮は慰安婦問題の解決を望んでいない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今日28日、岸田外相が日帰りで南鮮を訪問する。日韓外相会談の目的は、ここ数日メディアがかまびすしく報道する「慰安婦問題の解決に向けた」ものだと思われる。

岸田外相 - 尹炳世


 何を勘違いしたのか、南鮮側は日本に対して20億円の金を要求してきたそうである。日本側は名目上、元慰安婦への支援拡充としているが、ありていに言えば「手切れ金」だろう。一方、南鮮がこれほど法外な金額を要求してくる背景には、その額が南鮮国民にとって「賠償金」と見做されるに相当なものでなければならないからだと私は考える。アジア女性基金の延長では、国民の側が納得しないどころか、慰安婦利権を貪る挺対協を説得することなど土台無理である。

 日本側はその要求を拒否したそうだ。あたりまえである。そんな南鮮側の思惑など、日本側が考慮する必要はない。

 私には、この度の岸田訪韓と安倍総理の「最終解決パッケージ」提案は、南鮮側に「不可能な要求」を突き付けたものだと思える。そもそも反日が国是であり、その反日の象徴である慰安婦問題を解決する意思を、南鮮側が持っているとは思えない。かねてからこのブログで書いてきた通り、南鮮は慰安婦問題、竹島問題等々の日韓間問題を主張していくことによって、自らのアイデンティティを確認するのだ。為政者が支持を失うとき、反日を利用するというメカニズムは、これまでに何度も見てきた。慰安婦問題が解決してしまえば、自国民に対する貴重な反日カードをひとつ失うことになるのだ。ましてや、朴槿恵に挺対協を黙らせる力など、あろうはずもない。

金くれ!


 何故南鮮は慰安婦カードを手放したくないのか。それは、日本に永遠に寄生するためだ。朝鮮の侵略と併合、迫害、徴用、強制連行などという、史実からかけ離れた物語を国の根幹に据える彼らにとって、対日問題があればあるほど、それが日本に集る材料になる。「日帝の被害者」でなければ国が持たない南鮮にとって、問題解決は悪夢とまで思える。

 それでもなお、今回の安倍パッケージには反対だ。謝罪と金という、繰り返してはならない愚行を示唆すること自体、大きな間違いだ。請求権は日韓請求権協定で、謝罪はこれまで何度も繰り返し、外交上は河野談話で区切りがついている。ましてや、南鮮に甘い顔を見せると、お次に待ち受けるのは支那の捏造慰安婦だ。

 外交上、対話と約束をするなら、相手は常識が通じる国に限るべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/12/28 07:13 ] 外交 | TB(0) | CM(36)
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ