FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年12月06日

補正予算に支那への森林事業 ~ お花畑的生開発援助は即刻中止を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那というのは実に勝手な国である。 増強を続ける軍事力をバックにした外交面では「大国」を全面に押し出し、米国に対し、「太平洋の分割管理」などという戯言を平然と主張したりする。しかし、環境問題等では自国を「途上国」と位置付け、CO2排出量削減などのイシューでは責任を回避しようと試み、日本のような富める国から金を引き出そうとする。

 人民元がIMFから基軸通貨のお墨付きを得て、そのような「支那途上国論」はとうに賞味危険を過ぎているはずなのだが、この論を永遠に守り続けたい者たちがいる。日本の外務省だ。外務省が27年度の補正予算案に、支那での植林緑化支援事業費を捻じ込もうとし、自民党議員から猛反発を食らった件を、産経新聞が伝えている。

補正予算案に中国の植林事業 自民部会で反対相次ぐ 「なぜ支援必要なのか」 ユネスコ支出にも異論 (産経)

 外務省は3日、自民党の外交部会などの合同会議で、平成27年度補正予算案に中国で11年から続く植林緑化支援事業費を計上する方針を説明した。青少年交流などを加え、現在は中国だけで行われている事業を日本や第三国でも実施するとしている。事業は政府開発援助(ODA)と別枠だが、出席者からは予算計上への反対が噴出した。

 合同会議では、複数の議員が「いまだに日本が中国の植林事業を支援する必要があるのか」「反日宣伝を進める中国を支援する必要はない」などと訴えた。

 植林緑化支援事業は11年に当時の小渕恵三首相が「日中緑化交流基金」を創設し、約100億円が拠出された。創設から16年がたち、今年度末で残金が10億円程度になることから、外務省は事業を見直すことで存続を目指す。中国側にも資金的な協力を呼びかけるという。(以下、略)


 爆買いは、日本にくる成金だけではない。習近平その人も、英国で7兆円の投資をコミットする爆買い外交を行った。米国では、ボーイング旅客機を300機発注して話題になったが、その額は4.5兆円だと言われる。米国、英国などの爆買い以外にも、中共はアジア、アフリカ、中米などで札束外交を展開している。途上国とは聞いて呆れる。そんな国に、日本国民の血税を投入する意味など、既にないのだ。

 外務省のHPに、ODAに関する資料があるが、そのなかに「国別ケース・スタディ2:中国における取組」というものがある。ここで展開されるのは、中共が森林保全に国内法を作ってまで積極的に取り組んでおり、日本はその手助けをするという、善意にあふれたシナリオだ。

5.4 日本の対中国経済協力方針

2001 年に発表された外務省「対中国経済協力計画」では、経済協力の意義として、中国がより開かれ安定し、国際社会の一員としての責任を果たすための支援をすることは、平和な国際社会、特に東アジア地域の安定と繁栄をもたらすとし、日本の安全と繁栄を維持・強化するために重要だとしている。援助の重点分野に関しては、従来、主に沿海部のインフラ整備を中心としていたのを、環境保全、生態系保全、内陸部の社会開発、人材育成、制度作り、技術移転を重視するとして方針を転換している。


 これはその資料の中の一部だが、ODAの目的として、支那が「より開かれ安定し、国際社会の一員としての責任を果たすための支援」というのがあるが、実際に日本のODAがこの分野について何らかの効果を発揮したかといえば、答えは火を見るよりも明らかである。「平和な国際社会、特に東アジア地域の安定と繁栄」など、真逆の結果を生んでいるとしか解釈のしようがない。いま、世界で最も平和に遠い存在が支那である。彼らは東アジア地域の安定と繁栄など考えていない。考えているのは、縄張りの拡大であり、他国を経済的、軍事的に隷属させることだ。

 2chでは、この植林緑化支援のような事業には、外務省の利権が絡んでいると指摘する声が多い。私はその分野に詳しくないので触れないでおくが、そもそも「政府開発援助」の対象国に、支那は入れるべきではないと強く思っている。開発援助とは、日本の果たした事業の成果を相手国が正しく理解し、それを自国民に周知し、相手国の国民が日本を適正に評価し、親日感情を醸成できなければ意味がない。

 外務省は、相変わらず外務省だ。この省の役人たちの頭の中には、「国益」ということばが存在しないのだろう。安倍内閣になって少しは変わったと評価されていた節もあるが、根本的な思想には全く変化がないようだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/12/06 07:49 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ