FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年11月07日

日本に「無限の責任」を負わせようとする元首相 ~ 鳩山由紀夫の特ア行脚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日も少し触れたのだが、ルーピーこと鳩山由紀夫が、ソウルで言いたい放題である。もう日本国内では誰も相手にしないこういう人物は、逆に特定アジアでは重宝される。単純に言えば、国内での賛同者はほとんどおらず、逆に南鮮のような国では多くが賛同するというバランスによるものだ。重宝されるがゆえに、彼の地で発することばにも拍車がかかる。11月5日のソウルでの講演は、大盛況だった模様だ。

鳩山元首相「日本の誠意ある謝罪すべき」 (中央日報)

日本はアジアの人々に深刻な被害と苦痛を与えた。日韓関係、ひいては東アジアの平和のためには日本の誠意ある謝罪が必要だ」。

日本の鳩山由紀夫元首相は「光復(解放)70年、日韓国交正常化50年に日韓関係を見つめなおす」というテーマで5日、ソウル大学で開かれた特講でこのように話した。

彼は「日本は敗戦国として無限の責任を負わなければならない」として「『これ以上の責任を促さない』という言葉が出るまで責任を負う」と力説した。安倍晋三首相については「特定の過去にだけ焦点を合わせて協力には消極的な態度を見せている」として「過ちに対して謝罪する勇気を持たなければならない」と批判した。


 特定アジア国のメカニズムを少しでも理解すれば、彼らが「これ以上の責任を促さない」ということばを発することは、未来永劫ない。鳩山は「日本が敗戦国としての無限の責任を負うべき」と主張するのだが、戦争に負けた国が無限の責任を負うべきなら、すでにかなりの数の国が世界地図から消えているはずだ。そもそも敗戦時、朝鮮は日本の一部だったわけで、彼らも敗戦国の国民なのだが、都合の悪い事実を棚に上げる南鮮の歴史観を補強するような物言いだ。

鳩山由紀夫


 産経の記事から引きながら、鳩山の発言をもう少し見てみよう。

  • 河野談話の継承は当然として、アジア女性基金をはじめとした償い事業でも満足されない方々のために何をすべきか、もう一度、日本政府は韓国政府と協力して答えを出す必要がある
  • 朴槿恵大統領が安倍首相との会談を前向きに考えていただいたことは何よりだ
  • (安倍談話は)評価される内容ではない。侵略、植民地支配、反省と謝罪の言葉は盛り込まれていたが、文脈はとても納得のいくものではない。安倍首相本人の反省や謝罪の気持ちとしては伝わらなかった。首相は自らを愛国者とはき違えているのだろうが、自信のなさの裏返しだ
  • 真の愛国心とは、過去の歴史的な事実に目をつむらず、過ちには謝る勇気を持つことではないか。このような内容になってしまったことを申し訳なく思う
  • 安倍談話に、韓国政府も中国政府もそれなりに大人の対応を示していただいたことはありがたいことだ
  • 日本全体が右傾化しているように思うが、日本の政権がこのような雰囲気をそれとなく作り出しているように思えてならない
  • 日本の政治エリート層に反知性主義がはびこっているといわれる。反知性主義と闘うために、日本人一人ひとりの教養を高めることが求められている
  • 安倍政権は安保法制を『積極的平和主義』として成立させた。これにより、米国が行う戦争に自衛隊が協力する道が大きく開かれた。これは明らかに憲法違反だ。安倍首相は憲法より上に自分が存在しているとでも思っているのか
  • 安倍政権は中国脅威論をあおり、尖閣諸島周辺の自衛力を高めようとしているが、それは中国国民を刺激するばかりであり、望ましくない
  • (9月の)抗日勝利70周年の式典で、30万人の兵力削減を約束した中国の習近平国家主席を見習うべきだ
  • 沖縄の米軍基地を削減し、軍事の要石から平和の要石にするために、沖縄に議会を設けることを提案する

 いやはや、盛りだくさん過ぎて胸やけがしそうだ。人民の弾圧を継続しながら、軍事的威嚇をアジア全域に示すキンペーのどこを見習えというのだろうか。中国人民を刺激することが悪いと言うのだが、尖閣を脅かし、反日デモで日本企業に火を放つ支那人民の刺激はどう解釈すればいいのか。理論が破綻していることを、臆面なく発言できるメンタリティが理解できない。やはりこの人物は「宇宙人」と規定すべきなのだろう。

 「真の愛国心とは、過去の歴史的な事実に目をつむらず、過ちには謝る勇気を持つことではないか」と言うからには、鳩山は「我こそ愛国者」と思っているのだろう。冗談もほどほどにしてもらいたい。歴史に目をつむり、都合のいい歴史観を自国民に植え付けて全体主義を敷いているのは、支那や南鮮の側である。

鳩山


 金があってもやることがないという人物は、本当に始末が悪い。ましてや、元日本の首相という肩書きがあるのだから、余計に始末が悪い。日本人が無限の責任を負うべきなのは、鳩山率いる民主党に政権を与えてしまった過去である。もし鳩山に存在価値があるなら、日本人の心に、2009年夏の失敗を蘇らせることではないのだろうか。早い話、それしかないのだ、ルーピーには。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/11/07 08:55 ] 外交 | TB(0) | CM(18)
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ