FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2015年11月03日

慰安婦問題に「協議」はあっても「妥結」は見込めない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 11月2日、日韓首脳会談が行われた。メディア各社は、両首脳の就任以来、一度も会談が行われていないことの異常さを力説しているが、会談へのハードルを上げてきたのは相手方のほうである。支那も南鮮も、「首脳会談開催の前提条件」を日本側に求めてきたが、会談を前にしてそれを引っ込めざるを得なかった。

 日韓については、首脳会談は行うも、共同記者会見は行われなかった。両首脳による共同記者会見が行われなかったという事実は、胸を張って語れる成果(特に主催国である南鮮にとって)が最初から望めなかったということだ。南鮮メディアや朝日系メディアなどでは、日本側が昼食会を求めたという報道が盛んに行われているが、産経の記事を読めば、それらは印象操作であることがわかる。

 朴氏主催の昼食会などを交換条件に譲歩を迫ってきたが、日本側はこれも拒んだ。安倍首相は周囲にこう苦笑した。

 「昼飯なんかで国益を削るわけにはいかない」(産経)


 会談で朴槿恵は、「慰安婦問題が両国関係改善の足かせになっている」、「被害者が受け入れ、国民が納得できる水準で早期に解決しなければならない」と力説したといわれ、これに対して安倍総理は「請求権問題の『完全かつ最終的』な解決が明記されていることから、慰安婦問題で新たな賠償には応じない方針」(読売)を伝えるにとどまった。南鮮側の要求は、この問題について、日本が国家的な責任を認めることにある。南鮮メディアをひと通り見る限り、進展がなかったことへの悲観論が支配的だ。結果的には、慰安婦問題はまったく動いていないと解釈するのが妥当ではないか。

日韓首脳会談


 安倍総理は、慰安婦の問題について、「できるだけ早期の妥結を目指して交渉を加速させていくことで一致した」ことを明らかにした。さまざまな憶測を呼ぶこの「交渉」だが、政府が従来の姿勢を堅持し、国家的責任も賠償も認めないことを貫けば、できることはほとんどない。南鮮はアジア女性基金を認めていないため、民間レベルの運動も説得力を持たない。どんな知恵があるのか、または出てくるのか不明だが、協議をすること以上の何かがコミットされたわけではないように思われる。

 首脳会談を前に、1日、朝日新聞は社説でこう述べた。

 日中韓の指導者は、歴史や領土の問題をあおり、ナショナリズムを国内向けに利用する振る舞いを慎むべきだ。日本としては、歴史を直視する姿勢を揺るぎなく継続し、わだかまりなく日中韓が協力できる環境を整えておくことが重要だろう。


 わだかまりを生んだ根源は、朝日新聞の慰安婦関連捏造記事である。歴史問題とは、朝日新聞のようなメディアが創作してきたものと言っても言い過ぎではないはずだ。朝日の捏造を「前提」にする環境など、本末転倒なのだ。

 慰安婦の実態は、これまでの日韓での研究でかなりのことが明らかになってきた。それは、女性としての尊厳を傷つけた普遍的人権の問題である。


 これは今朝の朝日の社説。捏造記事を取り消したときに使った「議論のすり替え」を、いまだに活用している。最近になって「強制連行」という定義を引っ込めた青瓦台も、この朝日の社説にシンクロしている。要するにグルなのだ。

 慰安婦問題に妥結はない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2015/11/03 08:58 ] 外交 | TB(1) | CM(10)
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ